ドイツのクリスマスマーケット☆目次☆

大好きなドイツのクリスマスマーケット目次

基本、、、オランダから近いところばかり行ってマス。

もし、好きなクリスマスマーケット会場を3つ選べ!って言われたら・・・
ブレーメン、ケルン、フランクフルト・・かな?

個人的には春爛漫オランダよりもドイツのクリスマスマーケットの方が、断然楽しかった。



☆Dortmund(ドルトムント)

☆Bonn(ボン)

☆Siegburg(ジークブルク)

☆Oberhausen(オーバーハウゼン)

☆Bremen(ブレーメン)

☆Osnabruck(オスナブリュック)

☆Essen(エッセン)

☆Koln(ケルン)2011年

☆Aachen(アーヘン)

☆Duisburg(デュイスブルク)

☆Nurnberg(ニュルンベルク)

☆Frankfurt(フランクフルト)

☆Hameln(ハーメルン)

☆Minen(ミンデン)

☆Münster(ミュンスター)

☆Brühl(ブリュール)

☆Köln(ケルン)2012年

☆Hildesheim(ヒルデスハイム)

☆Goslar(ゴスラー)

☆Gottingen(ゲッティンゲン)


=====

おまけ

ドイツに近い、オランダ&ベルギーのクリスマスマーケット

☆Rotterdam(ロッテルダム)

☆ドルトレヒト(雪景色のクリスマスマーケット)

☆ファルケンブルグの洞窟クリスマスマーケット

☆Brussels(ブリュッセル)

☆Liege(リエージュ)

スポンサーサイト

Gottingen(ゲッティンゲン)

ハン・ミュンデンでは観光のみを楽しみ、その後・・急遽訪れたのがゲッティンゲン。
同じく、メルヘン街道沿いの街。

ちなみに、メルヘン街道お決まりのグリム童話ゆかりの作品・・ゲッティンゲンは「がちょう姫」。
・・・私は知らない話だ


12123030.jpg

大学町・・・ってことだけど、メルヘン街道上なだけあって、なかなか街の雰囲気も良かった。


12123031.jpg

12123032.jpg

マルクト広場や聖ヨハニス教会周りで小さめのクリスマスマーケットが開かれていた

12123004.jpg
「がちょう姫」リーゼルの像

なかなか素敵な像だった

ゲッティンゲン大学は30人以上のノーベル賞受賞者を生んだ名門校だが、学位を無事とれた学生達はリーゼルの像にキスをしてお祝いするのだとか。


飾られた花が全て枯れてしまっていたが、飾り花も美しいタイミングで見ることができれば、もっとステキな像だったんだろうな


12123034.jpg

12123035.jpg
いっちゃんはお決まりの乗り物を楽しみ、

12123033.jpg
私たちは、お決まりのソーセージを楽しんだ


12123038.jpg
さわちゃん用レープクーヘン。。。

もちろん、食べさせないつもりだったんだけど・・・


気づくとセロファンを破り、食べていた・・・


一生懸命ガジガジしていたから、好きな味だったらしい。。。


12123037.jpg
旦那さん大興奮!雪だるまちゃん!


木製クリスマス商品を販売しているお店で、充実の雪だるま商品を扱っているお店を発見


旦那さんは雪だるまのクリスマス商品を集めている。
ヨーロッパらしい、3玉(頭、胴体、足)の雪だるまがツボらしい。

日本の雪だるまは2玉(頭&胴体足)だよね!


マグカップもがちょう姫が描かれていて可愛かった。
ここ、、来年(2013年)のマグカップも置かれていた
過去の年号のマグカップを使っているところはよくあるけど、未来のマグカップ使っているところ初めて見た。

ちなみに、いままで一番ビビったのは、
ミンデンでニュルンベルグのカップが出てきたこと

地名が違うんですけど・・・




12123036.jpg
ひょんなことから急遽立ち寄ることになったゲッティンゲンだったけど、なかなか楽しめたよ




==========


メルヘン街道をテーマに旅したことはなかったが、気づくとメルヘン街道上の街はココで5カ所目。
(ブレーメン、ハーメルン、ミンデン、ハンミュンデン、ゲッティンゲン)
しかも、全てクリスマスマーケットで訪れている。


グリム童話のモチーフがどの街にもあるので、マグカップに描かれていたり、売られているクリスマスグッズに描かれていたりと、街ならではのクリスマス商品があってメルヘン街道のクリスマスマーケットは良かったナ

一番のおすすめは、、、やっぱりブレーメン
個人的にはニュルンベルクより楽しかったマーケットだ。




Goslar(ゴスラー)

ヒルデスハイムを後にし向かったのは、ゴスラー

観光地としても人気。
そして、クリスマスマーケットも可愛いと大人気の街。

ゴスラーは旧市街地が世界遺産のほかランメルスベルク鉱山も世界遺産となっているが、鉱山があまりにも興味がないので鉱山観光はカットし、旧市街地を散策しながらクリスマスマーケットのみを楽しむ予定だった。・・が、

12122925.jpg
駐車場からぞろぞろと皆が向かう・・・

駐車場には何台も大型観光バスが乗り入れており年末にもかかわらずかなりの混雑だったが、皆が向かうのは「皇帝居城」。
地球の○き方を見ると、たしかに見所度になっているし、こんなに皆ぞろぞろ向かうとなれば行ってみる?
と寄ることにした。


内部は・・・

ドイツに現存する宮殿様式の建物で最も大きいものとのことだけど、、、

正直、つい先日見たばかりのドルマバフチェ宮殿(イスタンブール)の印象が残りすぎていて、こちらの宮殿はただの田舎の小金持ちのお屋敷にしか思えなかった・・・(ゴメンナサイ・・


12122926.jpg
街を一望できるのは良かったんだけど・・・。


街中へ~
12122927.jpg

12122928.jpg

旧市街地は木組みのお家が立ち並ぶ街

12122929.jpg
観光用馬車も走っていたけど・・・

12122930.jpg
我が家はいつものミントレインで街を散策

ちょっと最後の方は飽きてきちゃったけど・・

12122931.jpg
ゴスラーのお土産屋さんにもクリスマス商品がたくさん

でも、ゴスラーの定番土産はコチラ・・
12122932.jpg

12122933.jpg
魔女人形。。。コワイ

ハルツ山地は魔女伝説の残る地域なのだ。。。


さすがに買う気にならん・・・。
一応いっちゃんにも聞いたけど、いらないと。



肝心のクリスマスマーケット

12122934.jpg
クリスマスが終わっているというのに、かなりの混雑っぷりで賑わっていた

12122935.jpg
さっそく木のオーナメントを吟味

12122936.jpg
最終日近くになると、クリスマスマーケットでもセールが始まるって知らなかった。
(もちろんセールは一部のお店だけだったけど)


12122937.jpg
いっちゃんは汽車ぽっぽに乗車


クリスマスマーケットの規模は大きくないのだけど、皇帝居城見学やミニトレイン(50分)などの観光に時間を費やしてしまったので、少し覘いたところで夜ご飯の時間に

ゴスラーは、観光もクリスマスマーケットも存分に楽しむなら半日じゃ足りないね。

自家製造用のビアタンクが設置されていた「Brauhaus Goslar」へ入店。
12122938.jpg
ゴスラーの地ビール

12122939.jpg
がっつりポークソテー with goslar beer sauce

12122940.jpg
ハルツのwild??のお肉

どちらも美味しかった


食事を終え、夜のクリスマスマーケットへ

12122941.jpg
クリスマスの森

本物のモミの木を運び込んで作られたクリスマスの森
中には飲食店系が数軒あり。

ゴスラーのクリスマスマーケットには、このクリスマスの森以外でも本物のモミの木が設置されている場所が数カ所あり、それがいい感じだった

先ほど見て回れなかった屋台を見て回りお買いもの

12122942.jpg

12123002.jpg

夜のクリスマスマーケットは、文句なく楽しい


念願のゴスラーのクリスマーケットに来れて良かったぁ



Hildesheim(ヒルデスハイム)

年末近くまで行われているクリスマスマーケットへ

金曜日、旦那さんが仕事を終えた後に移動を開始。
移動途中にあるドイツの小さな町に宿泊。そして、土曜日はそこからヒルデスハイムへ。
到着した午前中、クリスマスマーケットがまだ始まっていなかったのと、この町には世界遺産が2カ所あるので、車でマーケット前に寄って観光することに!


まずは、聖マリア大聖堂へ
12122901.jpg
回廊と中庭

ここ、入場料が50セントと言われ、安すぎ!?と思ったんだけど、、、
なんと大聖堂に入れなかった・・・。

2015年まで大規模改修工事中のため、大聖堂自体へは入場が出来ないとのこと。
改修工事中はよくあることなんだけど、その場合一部見学できないところがあるにせよ全く入れないことは今までなかったので、ちょっとビックリ。

入場可能な回廊部分と中庭を見学するのみとなってしまった。。。

12122902.jpg
枯れ木のように見える?樹齢千年の薔薇の木。

ヒルデスハイムの象徴的な「千年の薔薇」
この薔薇の木も世界遺産の一部となっているのだとか。


ドームが見学できないので、時間短めで次へ

聖ミカエル聖堂へ~
12122903.jpg

内部がかなりモダンな感じでちょっと驚いた。
柱の一部がかなり壊れた古い部分もあったが、恐らく戦争中に破壊されほとんどが新しく作られたのでは?という印象を受けた。

必見と言われる13世紀の天井画は、確かに今まで見たことのない独特なものではあったけど・・。



観光スポットへの寄り道を終え、マーケットへ

12123001.jpg
木組みの家に囲まれたマルクト広場

12122904.jpg
豪華な木組みのお家

12122905.jpg
横から見てもスゴイ

とりあえず、
12122906.jpg
豚肉とソーセージをほおばるおいち

12122907.jpg
ココアと???

???はコップ欲しさで購入

おばあちゃんのほにゃらら~という名前だったんだけど、飲んでみるとカスタードプリン味の甘酒みたいな感じ。
私は苦手な味で、もったいないけど残してしまった。。。
(もちろんコップはしっかり持ち帰り)


12122908.jpg
Feuerzangenbowle

実は我が家、この素焼きのコップ入りの物もずーっとグリューワインだと思っていたの。。。

フランクフルトで素焼きのコップ入りのグリューワインがあまりに美味しかったので、後で調べてたところ、どこでもこの素焼きのコップに入っているのものはグリューワインではなくて、別の飲み物Feuerzangenbowleであったことが判明。

大きな会場ではこの素焼きのコップ(Feuerzangenbowle)も必ずあるけど、飲み比べると断然!グリューワインよりFeuerzangenbowleのほうがオイシイ!!



12122910.jpg

12122911.jpg

いっちゃんはいつもの乗り物を楽しみ、その間・・・

12122912.jpg

12122913.jpg

私は再び食べ物をガツガツ・・



12122914.jpg
マーケットは小さめだったけど、観光も含めて楽しめたよ


Köln(ケルン)2012年

ブリュールのクリスマスマーケットが早く見終わってしまったので、すぐ近くにあるケルンに移動


ケルンは昨年も訪れかなり我が家的には好印象なクリスマスマーケットだ。
でも今回はマーケットよりもコチラがメイン↓



12121500.jpg
さわちゃんと大聖堂で記念撮影


12121515.jpg
初めての大聖堂に大興奮!?の巻


ちらりと立ち寄ったので、いろいろ会場を回って楽しむのが醍醐味!のケルンで回る余裕はなし。
相変わらず激混みの大聖堂周りの会場を横目で見ながら通り抜け・・・。

ちらりと見た木製のオーナメント。
こないだニュルンベルクで3ユーロで買ったものと全く同じオーナメントが9ユーロで売られているのを発見し愕然

また、こないだフランクフルトで24ユーロで購入したミニクリスマスピラミッドと全く同じ商品が、29ユーロで売られているのを発見


南に行けばいくほど物価が安いのかな~?


木製クリスマスグッズって可愛いけど高い!って思っていたけど、同じ品物でもほんとに場所によって販売価格が全然違うってことがよーく分かった。。。



12121516.jpg
大聖堂周り、、、雰囲気はいいんだけどな~・・・。




大聖堂前会場をスルーし、向かったのは小人ちゃん会場(Altstadt)
大聖堂から徒歩圏内と近いし、規模も大きく出店も良くて、昨年印象が良かった会場だから。

12121517.jpg

12121518.jpg

日没は早いので、少し暗くなってきた
ほんと、小人が出てきそう

12121519.jpg

12121520.jpg

CIMG8530_convert_20121218024915.jpg

あー・・・
見ているだけで楽しい~

クリスマスマーケットは楽しいのだ


いっちゃんは、
12121521.jpg
メリーゴーランド

12121522.jpg
観覧車


もちろん楽しむ


昨年も食べたワイルドな串刺しスペアリブを堪能して、
12121526.jpg
他に、、温かいポテトサラダ!?

熱々のポテトの上にルッコラやドライトマト、チーズなどがトッピングされていた。


オイシイ


12121523.jpg

12121524.jpg

12121525.jpg

小人ちゃん会場、夜も素敵だった


とにかくケルンはどの会場も夜は楽しい

難点は混雑しすぎなこと・・・かな?



クリスマスが近くなればなるほど混雑度が増すクリスマスマーケット

ケルンは11月最終週あたりに行っとくのがよいかも。





==========


おまけ

とあるお菓子屋さんのショーウィンドウ

12121514.jpg
おぉー・・・!お菓子のお家がデデーンと!!


これ、クリスマスが終わったらどうすんだろう??


従業員さんで食べるのかな??




プロフィール

すとろべりーふらわー

Author:すとろべりーふらわー
*****

小学生&幼稚園の女の子2人のママ。

趣味はクリスマス♪♪

2009年1月から旦那さんの転勤により4年間オランダで生活し、2013年2月に日本へ本帰国しました。

現在は日本で、子供の学校、習い事など育児中心の生活。
ちびっとだけ仕事もして、お小遣い稼ぎもしています。


オランダ生活の日記を終えた後、
今は日本から出かけたヨーロッパ旅行記や、日本で見つけたヨーロッパネタ、たまに普通の生活日記を織り交ぜてのんびりペースで更新してます。

ヨーロッパ以外の旅行については、カテゴリー「独り言」にてチョコっと触れる程度で、詳細については書かない予定デス。。。


貧乏性なので、高級レストランの情報などについてはゼロ(笑)
お金のある方にとって、役立つ情報はおそらくないかも。

でも
こんなグダグダ日記でも、どこかの誰かのお役に立つことがあったならば、嬉しいです。



*2017年夏休み・ポーランド旅行の日記は、時間のある時にぼちぼち過去日付で書きいていマス。。。

現在は、番外編のオランダ・ホールン編です☆

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ(折りたたみ)
最新コメント
検索フォーム
リンク
FC2カウンター