カレル橋で似顔絵を描いてもらう

2010年夏休み8日目。最終日


とうとう最終日。プラハも旅行もこの日が最後。長々~書いてきた旅行の思い出話も今日が最後。
帰りの飛行機は夜だったので、引き続きプラハの街歩きをすることに!


向かったのは、前日も訪れたカレル橋
1006261.jpg

カレル橋の入口に塔が建っていて上に行けるようになっていたので、登ることにした。

1006262.jpg
塔の上からは、ぞろぞろ~と歩く観光客達が見えた。

1006263.jpg
橋と反対側にはプラハ城が見えた。

この風景も見納めなのかな・・・。最終日をむかえ寂しくなってきた。

塔から下りて、カレル橋を再び歩いた。
午前中だったので、昨日見たパフォーマーは誰もおらず、絵を売る人&絵を描く人のみ。カレル橋の上には似顔絵を描く人が大勢座っているのだ。
マンガちっくの似顔絵は安いけど、肖像画タイプの似顔絵は結構なお値段・・・。

1006264.jpg
迷ったけど、いっちゃんを描いてもらった。

きちんと前向いてじーっと座って・・・って3歳児には難しかった案の定、不服そうに口をとがらせたりおじさんを睨みつけたり・・・
出来上がった絵は正直いっちゃんに似ていなかった。しょうがない。この状態で描けという方が無理なので。

値段もそれなりにしたし、似ていないし・・・なんだかな~と思った。
それでもせっかく描いてもらったので、家に帰って来てから額に入れて部屋に飾ってみた。

1006265.jpg
この顔、外人じゃない??

最初はうーむ・・と思っていた絵だったけど、だんだん見慣れてきた。
今は旅の思い出の品としては、良かったのかなぁ~と思っている。




スポンサーサイト

プラハ城へ行く

2010年夏休み7日目。プラハ泊

本日も終日プラハ。
昨日川越しに眺めていたプラハ城&フラッチャニ地区へ向かった

プラハ城のある丘に登るのにいくつが道がある。
1006251.jpg
私達が登りに使ったのは、旧登城道という道。。。

城壁内には、旧王宮、大聖堂、教会、修道院、博物館などが建っている。広ーい敷地なの。ギネスブックに最も古くて大きい城と認定されている。
敷地内の各建物に入場するにはもちろん入場券が必要!旧登城道から入ると一番近いチケット売り場が、なぜかこの日はお休みだった
チケット買うために、結局反対側・正門近くのチケット売り場まで行かなくてはいけない事に・・・悲惨・・・。

1006252.jpg

1006253.jpg

1006254.jpg

1006255.jpg

一通り観光し、お昼ご飯

1006256.jpg
お昼の一品。グラーシュ。

元はハンガリー料理。もちろん、おいしい!そう、ブダペストで気に入って毎食頼んでいたスープだ。
チェコのグラーシュは野菜が少なくて肉がメインのスープ。個人的には野菜たっぷりのハンガリーのグヤーシュの方が好みだな~。


昼食後は、カレル橋を渡った
1006257.jpg
ここも、プラハといったら!の場所。
ストリートパフォーマンスを見ながら楽しく歩いた

そして午後は、街でお土産屋さんを見て回った。
1006258.jpg
火薬塔まで歩いて来ちゃった・・・。たくさん歩いた。いっちゃんもよく頑張った!

ということで、ここらへんで晩ご飯
お昼が14時頃だったので、あんまりお腹空いてないけど。

1006259.jpg
パンの器入りスープ

10062510.jpg
プラハハム等の盛り合わせ

10062511.jpg
チーズフライ

と、かなり軽め~な食事だったが、その分!?ビールはもちろん、モラヴィアワインも楽しんだのだ




プラハの街とマリオネット観賞

2010年夏休み6日目。プラハ泊


チェスキー・クルムロフの町を出て向かったのが、チェコの首都プラハ。
今回の旅行の出発地点であり、最終地点でもある。

1006241.jpg

1006242.jpg

1006243.jpg

プラハ

美しい街だった


この日は、旧市街広場を中心としたエリアを観て回った。
ちなみに旧市街広場は上から見ると、
1006244.jpg
こんな状態(旧市庁舎の塔より

ワールドカップ真最中
旧市街広場はパブリックビューイング!大勢の市民(&観光客!?)が試合を観戦中。
ヨーロッパって、本当にどこもサッカーが好きなんだなぁ~と思った。旅行中あちらこちらのお店にスクリーンが出没し、観光客が釘ズケになってカフェに居座る姿をたくさん見た(何のために旅行しているんだ?と私は思った)。

そりゃー、気になるけどさ・・。


さて。

この日の街歩きを終え、お楽しみの夜ご飯
1006245.jpg
豚肉のオーブン焼き。

何だかね~、こういうボリュームの食べ物にビックリしなくなったよ。
慣れってオソロシイ・・・


味はもちろん美味しかったよ!


晩ご飯を済ませた後は、国立マリオネット劇場に向かった
1006246.jpg
20時からの公演。

プラハは(も!?)音楽が盛んで、コンサートにオペラにバレエに・・と楽しめる
チビ連れでなければ・・・
チビ連れでかろうじて入れそうなのが、チェコの伝統芸術マリオネットだった。

率直な感想を言えば、2時間の公演を観るのは厳しいかな

チェコ語の分からない人が楽しめるように演出が凝っているのは素晴らしいですが、1時間で十分。開演して1時間のところで休憩があったけど、そこで半分くらいの人が劇場から出て行った。。。
個人的には、せっかくお金払ったんだし最後まで・・と思ったけど、いっちゃんが限界。題目の「ドン・ジョバンニ」は内容がかなり難しいし、マリオネットの顔も正直まったく可愛くない(リアル)ため、びびりーのいっちゃんは怖がってしまった


外に出たのは、21時過ぎ。まだ明るいヨーロッパの日没はこの時期遅いのだ。

川沿いを散歩。。。
1006247.jpg
まったりと景色を眺めてのんびり夜になるのを待った。

1006248.jpg
大分、日が暮れた。

真っ暗になるまでは待たなかった。
サッカーの試合結果が気になってしまった。この日は、日本vsデンマーク戦が行われていたのだ。


ホテルに帰って、後半の終わりからではあるけれど試合を観戦した



チェスキー・クルムロフ観光

2010年夏休み5日目の続き・・。

シェーンブルン宮殿の観光を終えたら、ウィーンの街とはお別れ
本日の宿泊地、チェスキー・クルムロフに向かった

チェスキー・クルムロフ12
新緑の山道をひたすら通る

チェスキー・クルムロフ13
途中、思わず写真を撮りたくなるスポットがちらほら現れた

チェスキー・クルムロフ14
なかなか絶景なチェコの田舎道を走った

チェスキー・クルムロフは、チェコだけどオーストリア国境近くにあるし、地図上ではウィーンから百数十キロの距離のため2時間ほどで到着できると思っていたのだけど、高速道路を使うために遠回りしたり山道の一般道が多くなったりした。
結局、3時間ほどかかって到着。

チェスキー・クルムロフは、16世紀にブルタバ川の交易で栄えた町。

クルムロフ①

クルムロフ②

とっても可愛らしい町

到着後、さっそく観光することに~。
まずは、街のシンボル!チェスキー・クルムロフ城に向かった

クルムロフ③

お城の入口に熊が数頭いた。昔からこのお城では熊を飼育しているのだとか。

チェスキー・クルムロフ城のガイドツアーには2種類あり、案内する部屋が違うものだった。一つ1時間かかるし、両方参加はできない・・とⅠのコースを選択。
翌日、実は私達の参加しなかったⅡのコースが一番メインの部屋に入れるものであったと知った・・・

チェスキー・クルムロフ15
城の壁はスグラフィートという技法で装飾されていた。

チェスキー・クルムロフ16
レンガ造りのように見えるでしょ?

装飾なの

スグラフィートは、建築コストをおさえつつ模様や質感が出せるんだって。


ちなみに、

チェスキー・クルムロフ城の塔からの景色はサイコーだった
クルムロフ④

崖の下のブルタバ川沿いに広がるチェスキー・クルムロフの街並み

チェスキー・クルムロフ17

クルムロフ⑤
素晴らしい景色

上からの風景もいいけど、町の中に入っても可愛いの
クルムロフ⑥
とあるお土産屋さん。

絵本の世界に迷い込んだみたい

山の奥にあるチェスキー・クルムロフは発展から取り残された感があった。
幸か不幸か・・発展できず昔のままだったから、世界遺産の景色になったんだね。

夜ご飯にしようと居酒屋風レストランに入った。

クルムロフ⑦
店内の天井からは、ハエ取り紙がぶら下がっていた。レトロと言うかなんというか。

お店の人が紙と鉛筆を持ってきてくれた!
小さい子供を連れていると、よくあるサービスだ。

けれど、
クルムロフ⑧
鉛筆使い込み過ぎだろ?めっちゃ短い。というか誰かめっちゃかじっているし

小学生の時、こういう風にかじっていた鉛筆使っていた子いたな・・・。
昭和初期とかってこんな感じだったのかな・・・と思ったりした。

クルムロフ⑨
チェスキー・クルムロフの地ビール

そして、初めてのチェコ料理!
クルムロフ⑪
ローストダック

クルムロフ⑩
豚のカツレツ

どちらも美味しかったぁ

ご飯も美味しかったし、チェスキー・クルムロフの雰囲気も良いし・・。半日観光のみで翌日朝一、チェコの首都プラハに向かう予定だったけど予定変更!
翌日のお昼までこの町に滞在し、ゆっくり散策♪チェスキー・クルムロフを満喫することにしたのだ。



プロフィール

すとろべりーふらわー

Author:すとろべりーふらわー
*****

小学生&幼稚園の女の子2人のママ。

趣味はクリスマス♪♪

2009年1月から旦那さんの転勤により4年間オランダで生活し、2013年2月に日本へ本帰国しました。

現在は日本で、子供の学校、習い事など育児中心の生活。
ちびっとだけ仕事もして、お小遣い稼ぎもしています。


オランダ生活の日記を終えた後、
今は日本から出かけたヨーロッパ旅行記や、日本で見つけたヨーロッパネタ、たまに普通の生活日記を織り交ぜてのんびりペースで更新してます。

ヨーロッパ以外の旅行については、カテゴリー「独り言」にてチョコっと触れる程度で、詳細については書かない予定デス。。。


貧乏性なので、高級レストランの情報などについてはゼロ(笑)
お金のある方にとって、役立つ情報はおそらくないかも。

でも
こんなグダグダ日記でも、どこかの誰かのお役に立つことがあったならば、嬉しいです。



*2017年夏休み・ポーランド旅行の日記は、時間のある時にぼちぼち過去日付で書きいていマス。。。

現在は、番外編のオランダ・ホールン編です☆

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ(折りたたみ)
最新コメント
検索フォーム
リンク
FC2カウンター