10月の南仏プロヴァンス

今さらジローですが・・・。


10月ですが・・・?


まだであった、旦那さんの夏休み旅行へ出かけた~

2011 natu1
Pont du Gard

2011 natu2
Arles

2011 natu3
Chateauneuf-du-Pape

2011 natu5
Roussillon

2011 natu4
Gordes

2011 natu6
Fontaine-de-Vaucluse

2011 natu7
Orange

2011 natu8
Avignon

2011 natu9
Villeneuve Lez Avignon

2011 natu10
Les Baux-de-Provence

2011 natu11
Cassis


向かった先は、南仏・プロヴァンス
こちらに来た当初より行きたい場所であった。ようやく行けた。


私と旦那さんは旅に求めるものが(趣味が?)違いすぎる為、行きたい場所がビックリするほど一致しない
どちらかが行きたい場所は、もう片方が興味なし・・が常。
その中で、最初から行きたい場所!として夫婦の意見が一致したエリアはたったの二つしかなかった。。。
プロヴァンスは、そのうちの一つ。

旦那さんの仕事の関係もあり、ずるずると夏休みが延びてしまい10月となってしまったが、オフシーズンで飛行機代やホテル代が安かったし、私の体調的にも安定期に入ってからの旅行となったので延びて良かったのかもしれない。

ちなみに、今回はかなりのんびりペースの旅。
大体16時には観光を切り上げホテルに戻り、休憩タイム
↑あっ・・もちろん、コレは私のみですが・・・・


前評判では、10月の南仏は天気も雨が多くてイマイチ・・・ということであったが、気温が30度まで上がってしまい、ホントに10月?と思う日もあったし、逆に最高気温でも20度ぐらいと肌寒い日もあったが、オランダに比べればだいぶ暖かかった。

また、お天気は毎日快晴で気分良く旅行できた

そして、お料理もめちゃくちゃ美味しかったし付け合わせの野菜がどこもビックリするほど美味しかった

思った通り、

南仏は最高だった




旅行の日記は時間がある時に、ぼちぼち・・過去日付で書いていく予定。。。
興味のある人は、時間が相当経ってから、カテゴリー選択(フランス プロヴァンス)を覗いてみてね。





スポンサーサイト

Cassis(カシ)

2011年夏休み最終日。


10日。
宿泊ホテルにチェックイン後、私はお昼寝タイム
夜になり、街歩きから帰って来た旦那さん&いっちゃんと共に海沿いへ向かった。

1110111.jpg
時刻は19時過ぎ・・・。

この日は暑く、海水浴に来ていた人達で、まだ帰らず残っている人もチラホラ。

カシはマルセイユの隣の港町だ。
海沿いでは、砂浜とハーバーが隣り合わせとなっていて、それに沿って多くのレストランが軒を連ねていた。
ハーバー沿いのレストランに適当に入店した。

夜ご飯はセットメニュー
港町・・ってことなんで、シーフードで!

1110112.jpg
前菜・エビとイカのフリット。

普通においしい。
・・・でも揚げ物なので、食べ終わる頃お腹が既にいっぱいになってきちゃった

1110113.jpg
メイン・シーフードリゾット

めっちゃくっちゃ美味しい~

このリゾット、予想していたものと全然違かった!
シーフードリゾットを、トマトソース系に魚介の旨味がたっぷり・・を想像していたんだけど、チーズがベースになっていた。チーズなんだけど、グリルした魚介とお野菜をたっぷり入れることによって、全くシツコクなくあっさりヘルシーな感じでめちゃうま

1110114.jpg
デザート・パンナコッタ



満足満足



==========

11日。
朝から再びハーバーへ

カシからマルセイユまで20キロ続くカランク(入江)。地殻変動によって生まれた景勝地ということで、カランク巡りがカシでは人気だ。
カランク巡りはハイキングでも出来るが、何時間も歩くのはシンドすぎる・・ということで、ボートツアーに参加することにした。

カシの港では、カランク(入江)を巡るボートツアーがいくつもあった。
一番目立つブースのボートツアーに参加することに

カランク巡りは、3コース有り。8カランクコース(8か所の入江を巡るコース。90分)、5カランクコース(65分)、3カランクコース(45分)となっており、どれにしようか迷った。
最初は、5カランクかな?と思ったけど、丁度8カランクのボートが出港するとのことで、待ち時間がイヤな私達は8カランクのボートに乗ることにした。。。


1110115.jpg
港を後にし・・・
1110116.jpg
キラメク海へ、いざ出発!



1110117.jpg

2011 natu11

1110118.jpg

1110119.jpg

11101112.jpg

11101110.jpg

カランク(入江)はそれぞれに違った表情をもつ
驚くほど深い青色に、透明な水色。そして切り立った岩肌からは、地殻変動の凄まじさを感じることが出来た


良かったんだけど、ボートの揺れがかなり激しかった。。。
この日が特別風の強い日だったからか?それとも、波打ち際に近い場所を進む形となるので、激しい揺れとなってしまうのか?
分からないが、あまりに激しい揺れに、いっちゃんが途中で船酔いでダウン。。。

3番目と5番目のカランクが特にキレイ。6番目、7番目、8番目のカランクは大したことなかった。
5カランク(5番目のカランクまで行くコース)にすれば良かったナ・・・



港に戻ってくれば、いっちゃんも復活!
お昼ご飯にすることに

ハーバー沿いにあった「Restaurant Nino」に入った。
ランチなのに、ほとんど予約席で埋まっていた。。。運良く、あとわずか空いていた席に通された。


お昼だけど、今回の旅行の最後の食事となるので、セットメニューを注文。

11101111.jpg
前菜・Soupe de Poisson

うきゃぁーーー

超美味~

見た目、めちゃくちゃコッテリなんだけど、そんなことはなくあっさり。なのに、お味はしっかりしている!ここの特製ルイユソースがまた美味で、ルイユソースを付けたパンを浸すと味が更に深みを増す。
ここの一押しメニュー!ということで、周りの皆さんも前菜はお魚スープを頼んでいた!

11101113.jpg
メイン・お魚ちゃん

これまた、オイシイガーリックとバジルテイスト!
付け合わせのお野菜も、太陽の恵みたっぷり!な美味しさ。

11101114.jpg
デザート・クリームクレープ

なんだか懐かしいお味!日本のお味?おいしい




最後のランチも大満足し、マルセイユ空港へ
レンタカーを返却し、オランダへ戻ったのだ




旅行前は、、、
肌寒くなった10月のプロヴァンスってどうよ
って思っていたけど、異常気象で?気候も暖かく(暑くて)夏休みとして!楽しむことが出来た


スキポール空港へ到着すると・・・・。さ、さぶい・・・
しかも、雨がザァザァー・・・


一気に夏気分が消え去り、現実に引き戻されたのだ。。。





Les Baux-de-Provence(レ・ボー・ド・プロヴァンス)

ヴィルヌーヴ・レザヴィニョンを出て次に向かったのは、レ・ボー・ド・プロヴァンス
プロヴァンス地方にそびえたつ白い岩山の上に築かれた城塞(村)だ。

特別な異彩を放つ伝説のレ・ボー・ドゥ・プロヴァンスは、プロヴァンスに数多くある村々の中でもかなり人気が高く、ゴルド村の次に年間観光客が多い村なのだとか。

10~15世紀に南フランスで80もの街や村を支配していた絶大な力を誇ったレ・ボー一族の居城があった場所。
中世で最強の勢力を誇り、難攻不落の城塞として知られていたそうだ。


11101011.jpg

11101012.jpg

村を散策。石畳にシンプルな外壁の家が立ち並ぶ。
この村は、ミストラルといわれる北風の通り道となっていて、外壁は自然の強風にさらされ続けている感があった。


101017.jpg
見晴らしの良い場所で周辺を見渡した

11101018.jpg
伝説の岩村ことレ・ボー・ド・プロヴァンス村は、高い岩山の上にありその周囲も荒々しい石灰岩の白い岩山がゴツゴツと連なっていた。

村の中に戻り石畳の細い道を歩くと、お土産屋さんやレストランが何軒もある。

11101013.jpg
ドライフルーツの山

11101014.jpg
素朴な雑貨たち

11101015.jpg
南仏といえば!セミグッズ!!

ゴツゴツした岩山の荒々しい景観を持ちつつ、お土産屋さんはすこぶる可愛いときている

THE プロヴァンス!って感じなの。めちゃくちゃいい感じの村だ


11101016.jpg
この村で食べた日替わりランチ・ポークソテー

シンプルなんだけど、めちゃくちゃ美味しくって!
これもこの村の印象を良くした

美味しい物が食べれた場所は、それだけで良い印象となる。。。


村の頂きにあるレ・ボーの城塞へ向かった

11101019.jpg
かなり広い!!

2011 natu10
ここ廃墟っていうよりも、もう遺跡って感じだった。

11101020.jpg
岩山(村)の頂き・最も高いところにある城砦からの景色といったら!

かなり遠くまで見渡せて絶景。
要塞地として、絶好の立地なのがよく分かる。

101021.jpg

廃墟の高いところに上ると、大迫力な景観!石灰岩の白い谷を見下ろせた。
「地獄谷」と言われているんだとか

いやー・・・とにかくスゴイの一言。
難攻不落だったのが、素人にもわかるわ~。


ちなみに、、
レ・ボー・ドゥ・プロヴァンス 全景
白い岩山の頂にある、レ・ボー・ド・プロヴァンス村の全景はこんな感じ


乾いた風がビュービューと音を立ててふき続く。。。
風の通り道となっているこの村でこの強風は昔から変わらないことなんだろうなぁ~・・・と、白の廃墟と強風に昔の面影を感じたのであった。



そして、
レ・ボー・ド・プロヴァンスの村を満喫した後、本日の宿泊地へ向かった




Villeneuve-les-Avignon(ヴィルヌーヴ・レザヴィニョン)

2011年夏休み6日目。カシ泊。


アヴィニョンのホテルをチェックアウトし、レンタカーで最初に向かったのは、ローヌ川を挟んでアヴィニョンの対岸にあるヴィルヌーヴ・レザヴィニョンの町。

ここ、、、地球の○き方には、アヴィニョンから橋を渡ってのんびり歩ける。みたく書かれていて、実際歩いて橋を渡っていた日本人観光客がいたが、実際は歩きはかなり厳しい距離だった。



まずは、フィリップ美男王の塔へ

1110211.jpg
昨日行ったサン・ベネゼ橋を監視するために建てられたそうな。。。

見所度なので来てみたが、見た感じ・・ふーん、コレ?・・ってところ。
特に屋上からの景色が素晴らしいらしい。

丁度入口には地元の小学生とおぼしきグループがいて、中に入るところだった。
社会科見学みたいな感じかな?

小学生と一緒に中に入った。

1110102.jpg
階下の部屋で小学生に混じり展示物を眺めていると、しばらくして係員が近寄ってきた


フランス語はさっぱりだが、雰囲気からこんな感じ?


「お主、、、何奴じゃ!」


「・・・・・



実は、この日(月曜)は午前中はオープン時間ではなかった。。。
小学生の団体は、予約か何かして特別に入場していたグループだった。

紛れこんだ私達は、明らかに小学生ではなくしかも、アジア人

怪しさ満点


ということで、追い出された・・・


屋上に行けなかったぁ~


まぁ~本来オープンしていないのに、下にだけでも入れたんだから良しとしよう。。。


ということで、坂を上った所にあるサンタンドレ要塞へ
2011 natu9
城門は結構立派!

1110103.jpg
要塞・・ってことだけど、敷地内はかなり緑地だった。

1110104.jpg

1110105.jpg
中にある建物は、ほとんどが廃墟。。。

1110106.jpg
城塞の上を歩いた。
高い場所なので、見晴らしは最高だった

1110107.jpg
めちゃ逆光

森林のようにも見える木々の向こうに浮かぶようにアヴィニョンの法王庁が見えた

1110108.jpg
先ほど追い出された、フィリップ美男王の塔の眺め


のんびり景色を楽しみ、城塞を後にし、次の目的地へ向かったのだ





プロフィール

すとろべりーふらわー

Author:すとろべりーふらわー
*****

小学生&幼稚園の女の子2人のママ。

趣味はクリスマス♪♪

2009年1月から旦那さんの転勤により4年間オランダで生活し、2013年2月に日本へ本帰国しました。

現在は日本で、子供の学校、習い事など育児中心の生活。
ちびっとだけ仕事もして、お小遣い稼ぎもしています。


オランダ生活の日記を終えた後、
今は日本から出かけたヨーロッパ旅行記や、日本で見つけたヨーロッパネタ、たまに普通の生活日記を織り交ぜてのんびりペースで更新してます。

ヨーロッパ以外の旅行については、カテゴリー「独り言」にてチョコっと触れる程度で、詳細については書かない予定デス。。。


貧乏性なので、高級レストランの情報などについてはゼロ(笑)
お金のある方にとって、役立つ情報はおそらくないかも。

でも
こんなグダグダ日記でも、どこかの誰かのお役に立つことがあったならば、嬉しいです。



*2017年夏休み・ポーランド旅行の日記は、時間のある時にぼちぼち過去日付で書きいていマス。。。

現在は、番外編のオランダ・ホールン編です☆

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ(折りたたみ)
最新コメント
検索フォーム
リンク
FC2カウンター