スキポール空港の💛ハーリング&キベリング💛

スキポール空港で食べた、ハーリング&キベリングについて☆


オランダ名物といえば、、、
そして、私の大好物といえば、、、


ハーリング!!


ハーリングはニシンのこと。
生のまま塩漬けしたものに、玉ねぎのみじん切りをのせて食べる。

塩漬けっていっても日本のようなしょっぱさはなく、どちらかというとお刺身感覚で食べられるんだよね。
日本人だったら絶対好き


今回の旅行中にハーリングの旬の時期を迎えていることもあって、絶対食べて帰る!!

と最初から決めてはいたけど、ハーリングってカフェやレストランでメニューに載っているものじゃないし(前菜などでアレンジしたものはレストランにもあるかもだけど)・・・。

魚屋さんやハーリング専用の屋台(シーフードスタンドやテント小屋)じゃないと食べられないシロモノ。。。
観光中にタイミングよくハーリングを販売しているシーフードスタンドに出会えればいいけど、万一出会えず食べ損ねたぁーなんてことのないように、空港でもハーリングを食べておくことに!!


お値段は空港価格でどうしても高くなっちゃうんだけど、空港でも美味しいハーリングを食べられるお店があるから、旅行者の皆さんも街中でもし食べ損ねても!?是非立ち寄ってオランダ名物の中でもトップレベルのおすすめ名物を食べて帰ってほしい


さてお店、
Happy Seafood(ハッピーシーフード)1
HAPPY SEAFOOD

セキュリティーエリア外にあるお店。
1階のArrivalエリアから外へ出る出口付近にあるよ。

ハーリング(アムステルダム スキポール空港)1
Haring

ハーリング(アムステルダム スキポール空港)2
2匹購入!

1匹、2.95ユーロ
2匹だと5.5ユーロだった

ハーリング(アムステルダム スキポール空港)3
まじで嬉しすぎて泣きそう・・・。

美味しそう~

っていうか久々に食べたハーリング、めちゃくちゃ美味しかったぁ~

2匹を4人で分けて食べてたけど全然足りなくて、追加購入したわ。

明らかに見た目が観光客だから何も聞かれずカットされたハーリングが出てきたけど、オランダ人は看板の写真のようにカットせず上を向いてあーんして一匹食べるんだよね。

魚屋さんとかだと、ハーリングもいろいろな商品がショーケースにあって、Pickled Herringとかロール状のものとかもあるけど、普通にHaring(Herring)と書いてあるものを食べよう。
これが一番美味しいから!


あとは、
キベリング(スキポール空港)
キベリング(kibbeling) 

オランダのお魚フライといえば、コレ!
タラのフライだよ。

ガーリックソースをつけて食べると、ほんと美味しいんだよ

どこでもキベリングを注文すると、ガーリックソース(クノフロックソース)はいるか?聞いてくるけど、必ずYes!って答えなきゃダメ
クノフロックソースって馴染みのない単語だから、日本人がいきなり言われたら分からないかもだけど、とにかくキベリング買って何か言われたらYesと答えるべし。笑

ガーリックソース代は追加で少し取られる場合が多いけど、このソースがめちゃくちゃ美味しいですから!

もしかして、クノフロックソースが美味しいからキベリングが美味しかったのではないか?とすら思うほど、ソースが美味しい。

ちなみにHAPPY SEAFOODでは、ガーリックソースは追加50セントだった。



我が家がスキポール空港のHAPPY SEAFOODで頂いたのはハーリングとキベリングのみだけど、他にもオランダ名物なシーフード(ムール貝のフライとか、オランダ小エビのコロッケ等)が売られていたので、オランダならではのシーフードを街で食べ損ねた方、是非是非



*営業時間:10時~22時
   (土曜日10時~21時)




スポンサーサイト

スキポール空港の💛フリッツ💛

オランダ名物の一つ・フリッツ( Frites )

フリッツとは簡単に言えばフライドポテトのことなんだけど、日本のポテトフライとは違ってオランダのフリッツは二度上げしてあるので日本のモノよりも美味しい。

そして、フリッツにソースをたっぷり付けて食べるのがオランダ流。
日本でもお馴染みなマヨネーズやケチャップのみならず、いろいろなソースがある。
そして、量のたっぷりさも最初はビックリしてしまう!?

さて。

スキポール空港でオランダ名物を何か食べようと思っていろいろ調べていた時に目についた、フリッツ屋さん「フラームス フリッツ (Vlaamse Frites Amsterdam Airport Schiphol)」

スキポール空港は今まで何度も利用したことがあって、このフリッツ屋さんがあることは、もちろん知っていたけど、、、

そーいえば・・・
スキポール空港のフリッツ屋さんでフリッツを一度も食べたことなかったなぁ~・・・

なーんて今更ながら思いまして、一度くらいこのフリッツ屋さんで食べてみておくことにしたのだ

フリッツ屋さんはオランダの各街中でちょこちょこあるので観光の途中に食べられる機会もあるかなぁ~と思いつつも、意外とオランダのみで長期滞在する方も少なかったりするので(大抵のツアーはベネルクス3国まとめて訪問だったりするし・・、個人旅行でも然り・・)、そういった方はオランダ滞在日数も少ないはずだし、スキポール空港で名物のフリッツを食べられたら嬉しいよね!?

Vlaamse Frites Amsterdam Airport Schiphol 1
フラームス フリッツ (Vlaamse Frites Amsterdam Airport Schiphol)

混雑~。

Vlaamse Frites Amsterdam Airport Schiphol 2
アムステルダムでも人気のフリッツ屋さんのスキポール店とのことで・・。

Vlaamse Frites Amsterdam Airport Schiphol 3
大サイズ 3.10ユーロ
中サイズ 2.85ユーロ
小サイズ 2.60ユーロ

ソースは、、+60セント。
マヨネーズ、ケチャップ、カレー、サテソース、ヨッピーソース、、、

おぉぉっ!
ヨッピーソースがあるっ

ちなみに、
Joppiesausは、ヨッピーソースってよむんだよ

フラームス フリッツ(スキポール空港)1
右の列に並んで注文したら、カウンター左側から商品を受け取る。

フラームス フリッツ(スキポール空港)2
フリッツ&ヨッピーソース

私は大好物のヨッピーソースで!!

ヨッピーソースは置いているお店の方が少ないくらいなので、無いときはしょうがなく(!?)ケチャップにするんだけど・・。

ヨッピーソースがあって、嬉しい

そして、ヨッピーソースで食べるフリッツはやはり美味しい


ただ、、、
フリッツのみの味でいえば、普通な感じデシタね。。。
あくまで私の印象だけど。


街中ではフリッツ食べ損ねたぁ~・・
って方は、スキポール空港でフリッツ食べられるので是非。

オランダ流にお好みのソースを追加で頼んで、ソースたっぷりで食べるのがオススメ!
(個人的にはヨッピーソースがオススメ!!)




*営業時間:9時~22時



スキポール空港で乗り継ぎ観光(5時間あるならライデン観光♪)

アムステルダム・スキポール空港ってヨーロッパのハブ空港の一つだし、スキポール空港で乗り継ぎしてオランダ以外のヨーロッパ諸国へ出かける人も多いはず!

トランジットで待ち時間が5時間~6時間程度あれば、待ち時間中にちょこっとオランダにも入国して、街並みを味わうことが可能♪♪


国によっては街の中心部までけっこうかかったりすることも多く、5時間~6時間程度のトランジット待ち時間では厳しい場合もあるけど、スキポール空港の場合は地階が鉄道のホームとなっているので交通アクセスは抜群にいいし、移動時間もそれほどかからず魅力的な観光地へ行けちゃうの。


定番なのは首都のアムステルダム。
スキポール空港の地階のホームから電車に乗って、急行なら14分、普通電車でも17分で移動できる

↑ということで、、、ほとんどの人がスキポール空港で乗り継ぎ中に観光する場合は、アムステルダムへ訪れていると思う。。


ただ、、トランジットが5時間ぐらいだとしたら、、、
預け荷物はスルーになっていてチェックイン済み。セキュリティーチェックのみだとしても、やはり2時間前にはスキポール空港へ戻っていたい。
往復の電車が待ち時間含めて1時間だとしたら、実際ささっとプチ観光できるのは2時間程度。。


でも、
その時間をアムステルダムで街歩きして、オランダらしいものをアレコレ味わうのって厳しいかな・・と私は昔から思っていて。。

いやー、アムステルダムはちょこっと駅周りを歩いて楽しむ街の規模(狭さ)じゃないし、街がけっこう広いので駅周辺だけじゃ・・って思っちゃうんだよね
中心部は治安も悪いし・・・。

ダム広場だったら時間的に歩いて周辺を見れるけど、アムステルダムらしい観光スポットのシンゲルの花市なんかはトラム乗らないと土地勘がない人はまず無理。

ちょこっとのプチ観光でオランダ入国だったら、たった少しの観光のためにトラムの乗り方を覚えるとかって勘弁でしょ!?
徒歩のみで簡単に雰囲気を楽しみたいはず。。


あっ、
手っ取り早く運河クルーズに参加して街並みを堪能したい

↑こういう方はもちろんアムステルダムへ迷わず行くべし

アムステルダムの運河クルーズはピカイチ
オランダらしい町並みをたーーっぷり堪能できるから
また、運河クルーズ乗り場も駅の真ん前にあるので、移動も楽々ですし。


ただ、、
運河クルーズもお値段が高い・・
アムステルダムの駅前からの運河クルーズは、料金16ユーロ(2000円ほど・・)。

1人旅行ならまだしも家族旅行なら、けっこうな出費
トランジット中のオマケ観光なのに、ちょっと2時間程度の観光中に出費するのは躊躇するんじゃないかなぁ~・・。
えぇ・・・・・私は躊躇する(笑)


と、
前置きが長くなったけど、、、


スキポール空港で乗り継ぎの待ち時間にサラっと観光できて、オランダらしさもたっぷり堪能できる街

ライデンの街並み

ライデン


について~☆


=====


さて、ライデン。
今回久しぶりに私も再訪。

我が家は今回トランジットではないので比較的ゆっくり観光したんだけど、スキポール空港で乗り継ぎの待ち時間にささっと観光する方にも!とてもオススメできる街


<理由① スキポール空港から近い>

スキポール空港からアムステルダムとは反対側の電車で、急行なら1駅分しか乗らないし(要するに次の駅)、乗車時間16分ほど。
普通電車でも4駅乗車で所要時間23分。

電車の運行本数は時間帯によってもちろん違いはあるけど、運行の少ない時間帯でも適度に本数があるので、駅での待ち時間もそれほど長くならないはず。。


<理由② 駅から徒歩圏内でオランダらしい風景が堪能できる>

というのは、ライデンの見所はほぼすべてが駅から徒歩圏内という観光しやすい街だから。


さて。
通年眺めることのできるオランダらしい景色の代表といえば、、、

風車

だと思う。
オランダ風車をバックに記念写真を撮れれば、それだけでオランダ来たぁ~!って気分になるはず。

スキポール空港 乗り継ぎ観光1
ライデンの風車(市立風車博物館)

市立風車博物館(Molen De Valk)は内部も見学できる博物館風車

ライデンの駅から最短ルートだと350mほどの距離なので、徒歩5分で行けちゃいマス!
入場料が少しかかるけど、見ごたえもある!

私は風車の日(1年に一度オランダ全土で風車が回る日、様々な風車でイベントが開催され風車に入れる日)なども利用して、今までオランダでいくつも風車内の見学をしたことがあるけど、ここのライデンの風車(Molen De Valk)が中が一番充実していたと思う。

オランダ観光定番地、ザーンセ・スカンスやキンデルダイクでも風車は当然見学できるけど、、、
(もちろん我が家も客人が来た時に連れて行く場所なので、何度も入って見学したことがあるけど・・)

↑これらとは風車と中のレベルが全然違うからネ。。
ライデンの風車はなんと7階まであって風車内部の空間を堪能できる!博物館としての展示や昔の居住空間など、いろいろ見れますから!




Molen De Valk

火曜から土曜 10時~17時
日曜、祝日   15時~17時
月曜休館

大人4ユーロ、子供2ユーロ


==


また、
オランダらしい風景といえば!

運河

アムステルダム スキポール空港 乗継観光1

アムステルダム スキポール空港 乗継観光2

アムステルダム スキポール空港 乗継観光3

アムステルダム スキポール空港 乗継観光5

ライデンの運河もとっても素敵
とてもオランダらしい雰囲気の旧計量所のある辺りの運河まで、駅から徒歩10~15分ほどでたどり着けるよ。

オンシーズンは、運河にカフェやレストランのボートテラス席も出現!
オランダらしい景色が楽しめちゃう

アムステルダム スキポール空港 乗継観光4
旧計量所の近くというか少し先(橋の斜め前ぐらい)に、ライデンで一番小さい間口のお店があるよ!

分かる?このお店、横幅がすっごい狭いでしょ!?


ちなみに、この日記に既に載せた風車を撮った写真は、メイン運河に向かう途中で撮影した写真デス
メイン運河を目指せば途中で左手に風車が見えるので、風車まで行かなくても記念写真は撮れちゃうよ



計量所(現在はレストラン♪)

この辺りの運河沿いは賑わっていて、オンシーズンにはボートテラス席がいっぱい出現。



==

そして、
オランダを代表する画家レンブラントはライデンで生まれたということで、、


運河沿いのカフェが集まっている所とは少し方向が違くなるけど、やはり駅からだと徒歩10分もかからず歩いていけるのは、

レンブラントの生家があった場所


駅から運河クルーズなどが発着している広場を経由して、運河沿いを歩きレンブラントの生地へ向かうと、
アムステルダム スキポール空港 乗継観光11
風車(Molen De Put)が目の前に見えて、

アムステルダム スキポール空港 乗継観光12
その風車の手前には、オランダらしい白いハネ橋
Rembrandt Bridge(レンブラントブリッジ)

白いハネ橋(Rembrandt Bridge)を渡ったところに、、
アムステルダム スキポール空港 乗継観光6
レンブラント公園(Rembrandtpark)

公園には、若き日のレンブラント少年とキャンバス(レンブラントが描かれている)のモニュメントが設置されている。

そして、この公園前に
アムステルダム スキポール空港 乗継観光7
レンブラントの生誕した場所がある

生誕した家ではないの。

生家はすでになくて別の建物がたっているんだけど、、
アムステルダム スキポール空港 乗継観光8
レンブラントの生家があったことを示す案内板が建物の壁に埋め込まれている。

そして
レンブラント公園側から眺められる運河沿いの景色が素敵
アムステルダム スキポール空港 乗継観光10
こんなオランダらしい風景

天気の良い日は最高


ちなみに
白い跳ね橋&風車の近くには他にも観光スポットがあって、レンブラントブリッジを渡らず右方向へ行くと、
アムステルダム スキポール空港 乗継観光14
モルスポート(Morspoort)

オランダの国定史跡デス。

ライデンに昔はたくさんあった中世時代のシティーゲートで、現在も残っているのは・・このMorspoort含めて二つだけなんだとか。

アムステルダム スキポール空港 乗継観光13
モルスポートの前にも、白い跳ね橋

ここから先ほどの白い跳ね橋&風車方向を眺める~アムステルダム スキポール空港 乗継観光15
のどかで良い景色







こんな感じで!?ライデンの街は駅から徒歩圏内で、たーーーっぷりとオランダらしい素敵な景色を堪能できる

スキポール空港で乗り継ぎ時間が5時間以上あって、少しだけど街へ出て散策してオランダらしい景色を眺めたいって方、、、


ライデンも是非候補へ~

素敵な街だからオススメだよ


ちなみに
トランジット中の立ち寄り観光の場合、わざわざチョコット観光の為にオランダのガイドブックを買いたくないよね?

図書館で地球の○き方なんかが古いものでよければ置いてあるので、借りてライデンのページの地図の部分のみコピーして持参するといいと思う。
↑たったこれだけの準備で、ライデンはプチ散策が楽しめると思うから!



===

蛇足かもしれないけど、、
スキポール空港からライデン駅までの行き方について☆

「続きを読む↓」で超簡単に説明。。
(オランダの電車の乗り方が分からない方のみどうぞ↓)


続きを読む

クリスマス 2012年

スキポール空港のクリスマス

12122650.jpg


12122651.jpg

ミッキーマウスのクリスマスツリー


ラウンジ

イスタンブールへ旅立つ前日の話。。。


翌日に備え、航空券(Eチケット)を印刷しましょーとファイルを開いてビックリ。


お値段が・・・異常に高い・・・・・


大人二人が日本へ一時帰国できるぐらいの金額・・


きゃー


実は11月に年明けに本帰国することが分かり、クリスマス休暇が最後の旅行と思っていたので、多少高くてもイスタンブールに行くぞ!と決めて、旦那さんにもお値段高くてもいいからチケット手配して~と頼んでいた。

いやいやー・・・

そりゃー・・高くてもいいって言ったけど、いくらなんでも高すぎでしょ

と思っていたら

なんとなんとー

まさかまさかの


ビジネスクラス・・・


きょぇーーーー・・・・


前日までその事に気が付かなかったなんて・・・
(↑アホ!)



もうチケットはとってしまったんで、しょうがない。。。
少しでも元を取ろうと、ラウンジで無料の朝ごはんを頂くことに・・・。

121222001.jpg
ラウンジ。

男性は出張が多いとマイルも貯まりまくりで、ラウンジも使えるんだろうけど、私は初めてのラウンジ体験。

121222002.jpg
朝食・・・。とても質素。。。


とてもとても頑張ってがっついても元は取れない。。。


121222003.jpg
朝っぱらからシャンパンだって飲んじゃう!


もちろん、元は取れないけど・・。


121222004.jpg
KLMのロゴ入りのシャンパングラス


記念にお土産としてお持ち帰りした。すみません。
(↑良い子はまねしちゃダメ!)



今後は二度とチケットを間違えないように致しやす。




プロフィール

すとろべりーふらわー

Author:すとろべりーふらわー
*****

小学生&幼稚園の女の子2人のママ。

趣味はクリスマス♪♪

2009年1月から旦那さんの転勤により4年間オランダで生活し、2013年2月に日本へ本帰国しました。

現在は日本で、子供の学校、習い事など育児中心の生活。
ちびっとだけ仕事もして、お小遣い稼ぎもしています。


オランダ生活の日記を終えた後、
今は日本から出かけたヨーロッパ旅行記や、日本で見つけたヨーロッパネタ、たまに普通の生活日記を織り交ぜてのんびりペースで更新してます。

ヨーロッパ以外の旅行については、カテゴリー「独り言」にてチョコっと触れる程度で、詳細については書かない予定デス。。。


貧乏性なので、高級レストランの情報などについてはゼロ(笑)
お金のある方にとって、役立つ情報はおそらくないかも。

でも
こんなグダグダ日記でも、どこかの誰かのお役に立つことがあったならば、嬉しいです。



*2017年夏休み・ポーランド旅行の日記は、時間のある時にぼちぼち過去日付で書きいていマス。。。

現在は、番外編のオランダ・ホールン編です☆

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ(折りたたみ)
最新コメント
検索フォーム
リンク
FC2カウンター