Pierrefonds(ピエルフォン)

13011315.jpg
湖のほとりから城を眺める


パリからの帰り道、1カ所寄り道。。。

以前から気になっていたピエルフォンに立ち寄った。
なにかでピエルフォン城の写真を見た時に、これこそがお城だ!!と思って印象に残っていた。

13011316.jpg

13011317.jpg
町も湖もとってもいい感じ

お城は関係なく、街歩きだけで私的には満足できちゃう素敵な町だった

13011318.jpg

13011319.jpg
お城の中へ~

13011320.jpg
中庭

13011321.jpg
屋根の飾りの可愛いこと!

13011322.jpg
バルコニーの柱頭にミニチュアのお城!かわいい

13011323.jpg
いやー・・・

やばいくらい私好み

ファンタジー系の物語に出てきちゃいそうな・・・

そんなお城


内部も然り。。。
13011324.jpg

13011325.jpg

13011326.jpg

ハリーポッターとかにでてきちゃいそう。

旦那さんは、ドラクエのお城だ!としきりに言ってたけど。


13011327.jpg

13011328.jpg

13011329.jpg

とにかく面白い!
細部にちょっとした遊びが散りばめられている。階段も二重階段になっていたり、歩いて楽しめるお城。

正統派のお城ではなく邪道なんだとは思うけど、外観も内部もこれぞ思い描いていたお城って感じで、かなり楽しく見学できた

こういったタイプのお城は初めてだった。


13011330.jpg
遠く上空から見たお城はこんな感じ。

物語に出てきちゃいそうなお城でしょ!?


旦那さんも喜んでいたし、立ち寄って良かった。


=====


ピエルフォンの町、、、
日曜日なのに、お肉屋さんとか八百屋さんとか普通に営業をしていた。

13011331.jpg
お、おいしそー・・・

営業していたパティスリーで思わず買ってしまった・・
13011332.jpg
ケーキ


帰ってきてから自宅で食べた。

もちろん、美味しかったぁ~



スポンサーサイト

Chartres(シャルトル)

13011201.jpg
ボース平野の静かな街・シャルトル


シャルトルのシンボル・シャルトル大聖堂

2つの尖塔の建築様式が異なり、2つの尖塔は違った形となっている。。。

大聖堂周辺の旧市街地一帯は高台のようになっており、車を走らせているとかなり遠くから小さくその姿を捉えることができた。
モンサンミッシェルやケルンの大聖堂でもそうだったように・・・小さく見えてきた時に、2つの尖塔の形が違う特徴的なシルエットからすぐにシャルトル大聖堂だと分かった。



13011202.jpg
左の尖塔がゴシック様式、右がロマネスク様式

13011209.jpg
近くで見ると想像以上に大きかった。

13011210.jpg
右横の入り口

13011211.jpg
彫刻がすごかった!



13011203.jpg

13011204.jpg

13011205.jpg

13011206.jpg

内部はシャルトル・ブルーと言われる青の世界

ということだけど、意外と1枚1枚は青くないものも多い。
13011207.jpg
どのステンドグラスもとても細かい。

近くで見るとそれほど青い印象がないステンドグラスも、離れてまとまっててみると全体が青っぽく見えるというか、角度によって?青っぽい感じとなるから不思議。

13011208.jpg
2015年まで大規模改修工事中。。。とネット情報で知り、あまり見れないかも?と思っていたが、ほとんど工事中の場所はなかった印象。見れなかったのはホントに一部。


想像以上に素晴らしい大聖堂であった


大聖堂を出て、旧市街地を散策。。。

13011212.jpg
フランスの木組みのお家 かわいい

13011213.jpg
お菓子屋さん

13011214.jpg
お肉屋さん

13011215.jpg
八百屋さん

なんでしょうね?この国は?
普通のお店ですらオシャレでムチャクチャ素敵

お店を覘きながら少し買い物をした。



この日のランチ
大聖堂近くのブラッスリーにて、19.5ユーロのセットメニューを注文!

13011216.jpg
サービスで私達にはカシスのソーダ割り、いっちゃんには特製ジュースを出してくれた。

13011217.jpg
テリーヌ

13011218.jpg
鴨のロースト

13011219.jpg
レモン&フランボワーズのソルベ


どれも美味し~い幸せ~



Fontainebleau(フォンテーヌブロー)

降臨祭・2日目。


午前中にお出かけした場所は、フォンテーヌブロー城。
Château de Fontainebleau map
建物が中庭を取り囲んでいて、フランスで一番大きい城?

そして
1205292_20120530223318.jpg
ルネッサンス美術の傑作が揃う美しい城

・・ということで、けっこう楽しみにしていた


内部に入り見学を始めたが・・・とにかく薄暗い・・・。
内部装飾の劣化防止の為か?日光が入らないように木窓を締め切っていたり、厚手の布カーテンが閉まっている小さめの部屋が続く・・・。そして、部屋の装飾も全体的にババクサイ・・・。

1205271.jpg

1205272.jpg

勝手に想像していた煌びやかな豪華さはなく、豪華かもしれないけど地味暗いって感じ。
(・・・下部に写り込んでいるお肉に注目しないで

1205273.jpg
特に素晴らしいという、フランソワ1世の回廊。。。

オーディオガイドの説明を聞けば、なるへそ。。。素晴らしいのね!と思うものの、ぱっと見た第一印象は、えっ?ここがこの城の一番の見所??って思ってしまった。。。
ヴェルサイユの鏡の間みたいな絢爛豪華なところを想像していたから・・。

個人的には、
1205274.jpg
舞踏の間の方が、おぉ!って思った。


1205275.jpg


1205276.jpg
図書室

1205277.jpg
礼拝堂

見学後半になると広い部屋(空間)が増え、窓も閉め切りではなくなったので、見終わってみれば豪華なお城ではあった。

1205278.jpg
お土産コーナーに売られていたワンちゃん。。。

地味なのにお値段オドロキの2700ユーロなり

誰が買うんだ


1205279.jpg
最後はお決まりの広ーいお庭でいっちゃんは遊んで、城を後にした



午後は?

今回2泊したパリ郊外のアパートメントホテルに戻り、私&さわちゃんはお部屋での~んびり
そして夜は一人自炊・・・。

旦那さん&いっちゃんは、2年間の改装工事を終え昨年全館オープンとなったオルセー美術館へ
その後市内を散策し、夜は二人で日本食レストランへ


帰って来た旦那さん・・・
オルセーで購入したガイドブックに掲載のセザンヌの有名作品、いくつか見ることが出来なかった。探しまわったんだけど見つけられなかった。どこにあったんだろう?
とのこと。

オランダに戻ってきてから知ったのだが、現在国立新美術館にて日本国内で過去最大規模のセザンヌ展が行われていて、オルセー美術館を筆頭にフランスからセザンヌ作品90点ほど貸し出されていることが判明。

どこにあったのか・・?


ジャパ~ン



続きを読む

Provins(プロヴァン)

先週末、旦那さんが有給休暇を取得
そして、朝から遠出!えっちらおっちら向かったのが、パリ南東90kmにある中世都市プロヴァン (Provins)という街。
名前が似ているけど、同じくフランスにある南仏プロヴァンスとは全く関係ありません。。。

プロヴァン①

プロヴァン②

城壁に囲まれた旧市街地は、ほとんどが12、13世紀の建物で旧市街地全体が2001年世界遺産に登録されています
可愛らしい雰囲気のある街並みを散策
観光っていうより、街歩きだけで楽しめる♪
わたしは、華やかな街よりこういった田舎町が好き

プロヴァン③
旧市街地を見下ろせる、町のシンボル・セザール塔。入ります!

プロヴァン (Provins)

プロヴァン④

プロヴァン⑤
セザール塔からの眺め

街並みも良いけど、紅葉がとてもキレイ
この街に来るまでの道でも、両側に赤や黄色に色づいた木々が立ち並ぶ景色が広がり、それはそれはキレイでした

塔を降りた後、街を散策しながら城壁の外へ出て、城壁沿いの散歩道を散策することに!

プロヴァン⑥

プロヴァン⑦

のどかだな~。

プロヴァン⑧
落ち葉がいっぱい!いっちゃんもウチワみたく大きな落ち葉を見つけて拾いました!

旧市街地に戻って再び散策♪

この町は薔薇の生産でも有名とかで、薔薇製品を扱うお土産屋さん等もあり、少しお土産を買ったよ。

この町はパリからも近くて、中世らしさをとどめているのでオススメ。



さて。今日は旧市街地にある静かなプチホテル
オー・ヴュー・ランパールに宿泊。
ホテルのレストランで夕食をいただくことに~。

ちなみに、この日は私達の5回目の結婚記念日

プロヴァン⑨

プロヴァン⑩

プロヴァン⑪

プロヴァン⑫

スープもえびも鴨もめちゃんこ美味しかったです

デ、デザートが・・柿!

柿ってフランスで採れるイメージがないけど・・。柿にラベンダーオイルがかかってます。
想像してみて下さい・・・。ラベンダーの香りのさらし柿を・・・

・・・・・私にはちょっと理解できない味


プロヴァン⑬
そうそう、ホテルのオリジナルワインもしっかり頂きました!


明日から、結婚6年目。
これからもヨロシク。

プロフィール

すとろべりーふらわー

Author:すとろべりーふらわー
*****

小学生&幼稚園の女の子2人のママ。

趣味はクリスマス♪♪

2009年1月から旦那さんの転勤により4年間オランダで生活し、2013年2月に日本へ本帰国しました。

現在は日本で、子供の学校、習い事など育児中心の生活。
ちびっとだけ仕事もして、お小遣い稼ぎもしています。


オランダ生活の日記を終えた後、
今は日本から出かけたヨーロッパ旅行記や、日本で見つけたヨーロッパネタ、たまに普通の生活日記を織り交ぜてのんびりペースで更新してます。

ヨーロッパ以外の旅行については、カテゴリー「独り言」にてチョコっと触れる程度で、詳細については書かない予定デス。。。


貧乏性なので、高級レストランの情報などについてはゼロ(笑)
お金のある方にとって、役立つ情報はおそらくないかも。

でも
こんなグダグダ日記でも、どこかの誰かのお役に立つことがあったならば、嬉しいです。



*2017年夏休み・ポーランド旅行の日記は、時間のある時にぼちぼち過去日付で書きいていマス。。。

現在は、番外編のオランダ・ホールン編です☆

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ(折りたたみ)
最新コメント
検索フォーム
リンク
FC2カウンター