タリン観光の目次

2年連続で遊びに行った、エストニア首都のタリン。

観光に!エストニア料理に!お土産!!
タリンで楽しんだアレコレについて

エストニア首都タリン滞在中の日記の目次を作成☆
日付順でなく項目ごとに2年分の日記がミックスです。
クリックすると各ページへ飛ぶよ~。




<タリン旧市街地の観光編

おとぎの街・中世なタリンの旧市街地について♪


☆ 旧市庁舎の市議会ホールと旧市庁舎の塔へ上る

☆ ラエコヤ広場のお祭り♪そして、精霊教会へ

☆ トーマス号(ミニトレイン)で旧市街さんぽ♪

☆ 山の手エリアを観光!展望台をめぐる

☆ タリンの素敵な看板たち♪

☆ 絶景に感激!聖オレフ教会の展望台

☆ 一番おすすめな観光?旧市街地散策

☆ ハンドクラフト製品の屋外マーケット・ヴィル市場

☆ エストニア最古!中世な市議会薬局へ

☆ タリンの城壁の上をおさんぽ♪



<レストラン、食事編

タリン滞在中に食した(飲んだ)いろいろな名物について♪


☆ エストニア名物を食す@おすすめのレストラン

☆ タリンで楽しんだ、いろんなエストニアビールたち♪

☆ タリンのブルワリー「Beer House」

☆ タリンで頂いたロシア料理



<お土産・お買い物編

めちゃ可愛い特別なお土産たちについて♪


☆ タリン旧市街地のスーパーマーケットでお買い物♪

☆ エストニアの素敵なお土産♪(雑貨編)

☆ スペシャルなタリンのお土産♪(食べ物編)



<タリン近郊の観光地

タリン旧市街地の外へも足をのばして~!

☆ 素敵~!カドリオルグ宮殿とカドリオルグ公園

☆ 美しき廃墟☆ピリタ修道院へ行く

☆ タリンの現地ツアー代わりにシティーツアー利用


スポンサーサイト

スペシャルなタリンのお土産(食べ物編)♪

2年連続訪問となった、エストニア首都のタリン。

今回も前回ほどではないけど、いろいろとスペシャルなタリンお土産を買って帰ったよ~

ではでは、
日本ではなかなか手に入らない(食べることができない!)エストニア名物な食べ物のお土産をどどーんと?ご紹介♪

タリンのお土産 kalev1
Kalev(カレヴ)のチョコレート

Kalevはエストニアの老舗のお菓子メーカーということで、Kalevチョコレートはエストニア名産土産なのだ
って・・、実は前回タリン訪問時はそのことを知らなかったので(汗)、チョコを買いそびれて帰国してしまった。。。

今回はしっかりとタリン土産として買って帰ったよ~。

くまちゃんマークのいろんな種類が売っている

左のチョコはバラマキもしやすい個包装のチョコレートなので、会社用のお土産としてもよいかな~って思って。
右の小袋タイプはチョコレートと思ったら違くて、甘く表面をコーティングされたスナック菓子。

例えるならば、少しキャラメルコーンに似ている感じ。
ただ味はキャラメル味ではなく、知っているんだけど分からない味(笑)

めちゃくちゃ美味しい

タリンのお土産 kalev2
Kalevの板チョコレート

板チョコレートもスーパーにものスゴイ種類が置かれていて・・。
いっぱい買いたかったけど、荷物をあまり増やせないので一つの味に厳選し購入。

完全に自分用のタリンお土産(笑)

タリンのお土産 kalev3
なんとなんと!!ルバーブ入りの板チョコレートなの

ルバーブ入りのチョコレートなんて日本じゃ見かけないし、珍しいなぁ~と思い購入。

ルバーブとクッキーが入った板チョコレート

ルバーブの少しの酸味とクッキーのサクサク感が絶妙にマッチしていた

これまた、美味しい

Kalevのお菓子、美味しいのでお土産におすすめだよ


で、他にも見たことのない!珍しい食べ物のお土産を・・
タリンのお土産 kalev4
ジャーキー(jerky)

日本でお馴染みなのは、ビーフジャーキーよね?

なんとこちら!
エルク肉のジャーキーと、鹿肉のジャーキーなの

肉系は日本にお土産として持って帰るのはNGだけど、超珍しいのでどうしても食べたい!!
タリン滞在中に食べればヨシなので、レアなこちらを購入

タリンの旧市街地、ヴィル門から中心部のラエコヤ広場へ続く目抜き通りにあったお土産屋さんで手に入れた。
お土産屋さんの名前を覚えてないけど、いろいろジャムとかエストニア名産(タリン名産?)っぽい食べ物を扱っていたお店だった。

ちなみに気になるお味の方は・・

おいしい

ビーフジャーキーが好きな人は絶対大好き!
例えるなら、味の濃いビーフジャーキーな感じ。

味が濃いって塩味がキツイってことではなく、お肉自体が濃い味なんだと思う。

ちなみに、エルク肉ジャーキーの方が個人的により美味しかった。

鹿肉ジャーキーは、ほんの少ーしだけクセがあったかな。

いずれにせよ、珍しい特別なジャーキーを楽しめたよ


タリンのお土産 食べ物1
あとはお馴染み、チュッパチャップス

こちらのチュッパチャップス、なんとダブル!
アイスクリームのダブルボールのように、お団子状にふたつ異なる味のボールが連なっている商品。

これも珍しいので、お土産になるでしょ(笑)


さいごに、飲み物(お酒)の紹介♪
タリンのお土産 ライムのロングドリンク
ライム味のロングドリンク

前回タリンに訪問時にホテルで飲む用に購入したライム味のロングドリンクがすこぶる美味しかったので、お土産として買って帰ることに

前回購入したのがHARTWALL社製のロングドリンクだったので、今回はSAKU製のロングドリンクとシネブリコフ社製のロングドリンクを購入。

SAKUのライム味ロングドリンクはかなりイマイチ・・
メロンソーダ―みたいな感じだった。

シネブリコフ社製のライム味も少し甘すぎるように感じたナ。。。

前回購入したHARTWALL社製のロングドリンク(あくまでライム味に関して)が一番美味しかった。



こんな感じで?日本では珍しい食べ物編、タリンのお土産については
おしまい


===

ちなみに今回購入した食べ物以外で、、、

エストニアならでは!雑貨系の超可愛いハンドクラフトなタリンお土産については、
コチラの日記をどうぞ↓

☆ エストニアの素敵なお土産たち♪(雑貨編)

また前回タリン旧市街地内のスーパーマーケットで買ったお土産については、
コチラの日記をどうぞ↓

☆ タリンのスーパーマーケット♪で買い物編
 


タリンの城壁オープンテラス(ヘルマンタワーギャラリー)

タリンの旧市街地で入場した、城壁オープンテラス(ヘルマン・タワー・ギャラリー)について。

おとぎの国・タリンの旧市街地は、かつては2.5km城壁に取り囲まれ、また46の塔があったんだとか。
今でもタリン城壁は1.85km残っていて、一部の塔が内部に入り城壁の上に上がることができる。

ヘルマン塔は、ヴィル門のすぐ近く(セーターの壁の横)に入り口があり立地がよい城壁オープンテラスで、現在内部はギャラリーとして利用されている(ヘルマン・タワー・ギャラリー)

前回タリン訪問時には城壁の上に行かなかったので、今回お散歩してみることに♪

タリン ヘルマンタワー1
タリンの城壁オープンテラス(ヘルマンタワーギャラリー)の入り口

古めかしいのがいい感じ♪

タリン ヘルマンタワー2
塔の上には螺旋階段で!

タリン ヘルマンタワー3
塔の内部(部屋)

タリン ヘルマンタワー4
昔の様子がうかがえる空間

タリン ヘルマンタワー9
この2階(・・っていう表現でよいのか?)から外に出て城壁を歩くことができる。

が、さらに塔の上(3階)にも上れるようになっていたので、城壁を歩く前に3階へ~!

タリン ヘルマンタワー5
ヘルマン塔の3階

ギャラリーということで、作品も展示されていた。
おとぎの国の小さなドア(窓)の向こうにはタリンの旧市街地の景色が

タリン ヘルマンタワー6
それほど高さがある訳ではないので、展望台のように街全体を眺められる感じではないけど。

すぐ近くにいろいろと見ることができるよ。

タリン ヘルマンタワー7
とある家の屋根の上にあったテラス

どうやって登るんだろう(笑)?

タリン ヘルマンタワー8
とある家の2階にあったオープンデッキ

素敵~

いろいろ景色を眺めた後は2階に戻り、城壁の上のおさんぽタイム♪

タリン ヘルマンタワー10
柵がかなり荒い作りなんで、小さい子供は注意!

タリン ヘルマンタワー11
城壁の上で、両側の景色が見渡せるようになっているところもあった!

こういう作りって珍しい。
城壁の外から砲撃されたら、壁がなければ弾が当たっちゃうよね?

タリン ヘルマンタワー12
お隣の塔に到着!

タリン ヘルマンタワー14
こちらの塔も入って内部を見学できるよ

コチラは内部がかなり改装されて綺麗になっていて、まさにギャラリー。
また展示されていた作品も現代アートなモダンなものが多かった。

タリン ヘルマンタワー15
まぁ・・こういう作品は別にタリンで観なくても・・って感じだけど。

こちらの塔は4階建て(確か・・)
タリン ヘルマンタワー16
最上階に上り、おとぎの国タリン旧市街地をまた眺める~☆

タリン ヘルマンタワー18
山の手エリア(トーンペア地区)方面

タリン ヘルマンタワー17
聖オレフ教会方面

タリンの展望台に何か所も行ったけど、この角度の景色は初めて。


ちなみに、、、
城壁へは、私達の入ったヴィル門近くの入り口(&出口)だけでなく、こちら側の塔の下も入口(&出口)となっている。
ここで塔の外に出ることも出来たけど、我が家は再び城壁の上をお散歩しながら戻り元のヴィル門近くから出た。


タリン ヘルマンタワー19

タリンの城壁オープンテラス(ヘルマンタワーギャラリー)、時間のある方はどうぞ!


Hellemann tower

営業時間は9時~19時

タリンの観光スポットは10時オープンのところが多いので、朝早くからどんどん観光したい!という方は城壁のお散歩で時間をつぶすというのもアリかも。



タリン最古!The中世な市議会薬局へ

タリンの旧市街地にある、エストニア国内最古の薬局(市議会薬局・Raeapteek)へ入ってみることにした!

タリン旧市街地の中心にあるラエコヤ広場に面して建っている、市議会薬局「Raeapteek」

1422年から続いているエストニア国内で最も古い薬屋さんということで、かつては薬草や蛇やコウモリの粉末から薬を作ったりしていたとかで、今も怪しい秘薬(お土産用)やクラレットワインを販売しているっていうんで、入ってみたいなぁ~・・

と、昨年7月にタリン訪問時にも思ったのだが、なんと7月は丸々定休日(1ヶ月、夏休み?)っていうことで、入れなかったの!

で、タリン再訪もまた7月!!っていうんで、また市議会薬局の定休日だ~
と思っていたんだけど、今年は開いていた

昨年の一か月定休日は何だったんだろう??


市議会薬局(タリン)1
市議会薬局「Raeapteek」 の外観

市議会薬局(タリン)2
看板もステキ

市議会薬局(タリン)3
薬局の内部・・

市議会薬局(タリン)4
窓際

市議会薬局(タリン)6
奥にも小さい部屋が!

奥の部屋は、中世の薬局の展示室のようになっていた

市議会薬局(タリン)5
天井の梁の模様とかがTHE中世な感じ

市議会薬局(タリン)7

市議会薬局(タリン)8
これで何を作ったんだろう・・?

市議会薬局(タリン)9
大きな木箱

なんだか分からなくても中世の雰囲気いっぱいで、眺めて楽しめるよ

市議会薬局(タリン)10
昔の薬草とか蛇とかを表現したものなのかな???

魔女っぽい感じの小物もいろいろ展示してあったよ


ちなみに肝心の薬局では、
市議会薬局(タリン)11
売られているものは、普通の市販のお薬・・

現在も薬局だもんね、当たり前だね。
お土産系のモノは少しだし、丁寧に商品に説明がついているわけではないので、いまいち何だか分からなかった。

また店員さんが一人で、めちゃ忙しそう!
実際に薬を買いに来ていた地元の人に対応していたので、お土産屋さんのように気軽に商品の質問もしにくい雰囲気。。。

で、結局何も買わず・・デス。


お土産を何も買えなかったけど、タリンの中世の薬屋さんの雰囲気は楽しめたし、ちょっとした博物館のような展示もされていたので薬局に入ってよかったなぁ~。

ラエコヤ広場に面していてロケーション抜群だし、ちょこっとついでに是非立ち寄って見学してみると楽しめるよ




市議会薬局「Raeapteek」



タリンでロシア料理を食す!

タリン滞在中に食べたモノ、続けてロシア料理編

2度目の訪問となったタリン。
昨年もエストニア料理はイロイロ食べたし・・。

今回は、タリンの後にサンクトペテルブルク(ロシア)へ向かうこともあり、気分的にはロシア気分も大いにあり。
エストニアはロシア(ソ連)の支配下にあったことから、ロシア料理のお店も多くて、ロシア料理は第2のエストニア名物料理的なところもあるし。

で、

タリンのフェリーターミナルの近くにあったレストランで、ネットで評判の良かったロシア料理のレストランへ行くことにしたのだ


タリン・ロシア料理1
ロシアレストラン・MASHA

建物の2階にあるんだけど、テラス席もとっても素敵でお花がプランターに飾られていていい感じなの

この日は夜は曇っていて肌寒かったので、レストランの中のお席へ
タリン・ロシア料理2
入店時間が早かったので、空いていたんだけど・・

予約はたくさん入っていたみたいで、卓上には予約席がいくつも置かれていた。

タリン・ロシア料理3
なかなか素敵な内装だったよ


ビールはエストニアビールのSAKUを飲むことにし、早速ロシア料理を注文

タリン・ロシア料理4
自家製ペリメニ(ロシア風水餃子)

うん、普通にオイシイ。
普通に水餃子。

タリン・ロシア料理5
キエフ風カツレツ

うん、フツウ。。。

キエフ風カツレツは、鶏肉なんだよね。
正直、、、日本の豚肉のカツの方が美味しい(笑)。

鶏肉の方がヘルシーだけど、さっぱりしすぎかな。。。

タリン・ロシア料理6
鴨の胸肉

美味しい

カモが大好きだし、ロシアの鴨肉料理ってどんな感じって思って注文

付け合せの野菜がかなり食感を残して焼いてあって、焼き具合がいい感じで食べごたえがあった

タリン・ロシア料理7
スモークサーモンのパニーニ

ロシア料理ではないけど、子供たちが食べれそうなモノ・・ということで、子供たち用に注文。
パニーニって軽食なイメージだけど、これはかなりボーリュームがあった。


こんな感じで、タリンでもロシア料理を楽しんだよ


「Restoran Masha」

住所: Lootsi 14, 10151 Tallinn, エストニア
電話:+372 600 3633



プロフィール

すとろべりーふらわー

Author:すとろべりーふらわー
*****

小学生&幼稚園の女の子2人のママ。

趣味はクリスマス♪♪

2009年1月から旦那さんの転勤により4年間オランダで生活し、2013年2月に日本へ本帰国しました。

現在は日本で、子供の学校、習い事など育児中心の生活。
ちびっとだけ仕事もして、お小遣い稼ぎもしています。


オランダ生活の日記を終えた後、
今は日本から出かけたヨーロッパ旅行記や、日本で見つけたヨーロッパネタ、たまに普通の生活日記を織り交ぜてのんびりペースで更新してます。

ヨーロッパ以外の旅行については、カテゴリー「独り言」にてチョコっと触れる程度で、詳細については書かない予定デス。。。


貧乏性なので、高級レストランの情報などについてはゼロ(笑)
お金のある方にとって、役立つ情報はおそらくないかも。

でも
こんなグダグダ日記でも、どこかの誰かのお役に立つことがあったならば、嬉しいです。



*2017年夏休み・ポーランド旅行の日記は、時間のある時にぼちぼち過去日付で書きいていマス。。。

現在は、番外編のオランダ・ホールン編です☆

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ(折りたたみ)
最新コメント
検索フォーム
リンク
FC2カウンター