バルト最古のリガ大聖堂へ

リガの旧市街地内にはいくつか教会があるけど、その中でも堂々たる佇まいで旧市街地の中心にいらっしゃる素敵な方が、リガ大聖堂(リーガ大聖堂)

現存するバルト三国の最古の建築物の一つなんだとか。

大聖堂の建築が始まったのは、なんと13世紀!
100年以上の年月をかけ建築された。

リガの旧市街地で入場できるスポットで、ここがもしかしてハイライトだったかな~。。。

リガ大聖堂1
リガ大聖堂

この写真ではわかりづらいけど、、
広場と大聖堂の間は窪地があって高低差がある。

リガ大聖堂は建築当時は高台に建てられたんだけど、何度もリガが洪水に襲われたので街全体を嵩上げすることに!
その時、大聖堂だけがそのまま嵩上げされず・・だった為に、もともと高台だった大聖堂と街の高さがほぼ同じになってしまった。。
そして大聖堂と街の間の土地が凹んだようになり、高低差がうまれたんだとか

リガ大聖堂2
内部。

シンプルな感じだった。
ステンドグラスとかももちろんあって完成度もなかなかなんだけど、大聖堂全体って感じではなく一部の窓のみなので、ヨーロッパ諸国のステンドグラスに比べると、あまり豪華な印象にはならないかな。

リガ大聖堂3
リガ大聖堂の見どころ・パイプオルガン

造られた当時は、世界に類を見ない最大級のパイプオルガンだったんだとか

ソビエト時代は大聖堂の活動は停止されて、コンサートホールとして利用されていたリガ大聖堂。
今は教会として復権したけど、夏季には有料でショートコンサートが開催されている

パイプオルガンの音色、聞きたかったなぁ~・・。

リガ大聖堂4
内装がシンプルなので、木のぬくもりが印象的かな。。

リガ大聖堂5
洗礼用の大きな石の器

あんまりこういう石製の器が中央にどーんとあるのを見たことない。


さて。
聖堂内を観た後は、大聖堂の中庭&回廊へ

リガ大聖堂6

リガ大聖堂7
回廊には展示物が並んでいた

増改築を繰り返してきた大聖堂。
その過程で取り外された歴代のものがいろいろ展示されているようだった。

リガ大聖堂8
中庭で遊ぶ子供たち

たまたまだとは思うけど、我が家がリガ大聖堂に訪れた時は他の観光客がいなくって貸し切り状態♪

中庭にはたくさんの雀たちがいたので、持ってきたパンをスズメに与えてまったりタイム
ちょっとした休憩タイムになったのだった。




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

すとろべりーふらわー

Author:すとろべりーふらわー
*****

小学生&幼稚園の女の子2人のママ。

趣味はクリスマス♪♪

2009年1月から旦那さんの転勤により4年間オランダで生活し、2013年2月に日本へ本帰国しました。

現在は日本で、子供の学校、習い事など育児中心の生活。
ちびっとだけ仕事もして、お小遣い稼ぎもしています。


オランダ生活の日記を終えた後、
今は日本から出かけたヨーロッパ旅行記や、日本で見つけたヨーロッパネタ、たまに普通の生活日記を織り交ぜてのんびりペースで更新してます。

ヨーロッパ以外の旅行については、カテゴリー「独り言」にてチョコっと触れる程度で、詳細については書かない予定デス。。。


貧乏性なので、高級レストランの情報などについてはゼロ(笑)
お金のある方にとって、役立つ情報はおそらくないかも。

でも
こんなグダグダ日記でも、どこかの誰かのお役に立つことがあったならば、嬉しいです。



*2017年夏休み・ポーランド旅行の日記は、時間のある時にぼちぼち過去日付で書きいていマス。。。

現在は、番外編のオランダ・ホールン編です☆

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ(折りたたみ)
最新コメント
検索フォーム
リンク
FC2カウンター