ティニエツ修道院への行き方(水上トラム編)

ポーランド・クラクフ滞在中に遊びに行くことにした、ティニエツ修道院。
我が家は水上トラムを利用して訪れることに


さて。

ティニエツ修道院への行き方・・・

調べてみると、夏場の行き方は3つあり。

 ① トラムやバス(公共交通機関)を乗りついで行く方法

 ② クルーズ船で行く方法(夏季のみ

 ③ 水上トラムで行く方法(夏季のみ

↑この3つの行き方。



どうやって行こうかなぁ~と熟考。。

①のトラムやバスを乗りつぐ方法は面倒くさい→ポーランドのトラム&バスの乗り方をこの為だけに覚えなきゃいけない・・。
それに子連れだからバスで座れなかったらチビが困るなぁ~・・、またバスの本数なども少ないってことだから、無駄なロス時間が多くなるなぁ~・・と却下。

②のクルーズ船は、出発時間が午後で夕方帰りのコース。。
我が家は旅行中は17時ごろから夕食をスタートさせるので、クルーズ船でティニエツ修道院へ行くと夜ご飯が遅くなり19時過ぎになっちゃう
・・と運行時間の関係で却下。


また、
ボートクルーズだとティニエツ修道院での停泊時間が30分間しかなくて、せっかく行くのに滞在時間がそんな短い時間では・・と思いまして。


で、最後の方法である、ティニエツ修道院へ水上トラムで行く方法を選択することに


でもーーー!
この水上トラムの情報が少なすぎでして・・



①や②の行き方で訪れている方は多く、ネットでちゃちゃっと調べると体験談がいっーぱいなんだけど、水上トラムで行かれた方の経験談がネット上にも全くなし(つまりゼロ)


きちんと運行がされているのだろうか・・??


本当に水上トラムでティニエツ修道院へ行くことができるのか???



ぶっつけ本番な感じで、当日いけるかどうか分からない状態でティニエツ修道院へ行くことになったので、同じように水上トラムでティニエツ修道院へ行くことにした人の為にも(!?)

いつも適当な日記を書いている私らしくもないけど、、、
ちょっと今回は真面目に詳しく?水上トラムでのティニエツ修道院への行き方を書いてみようと思う。


===

まずはティニエツ修道院行き、水上トラム乗り場。。。

ティニエツ修道院への行き方 水上トラム13


参考↓↓

☆ クラクフの水上トラム乗り場&時刻表

↑・・・まず、、、
この乗り場&時刻表が正しいのか(今年も変更なく有効なものなのか・・?)が分からなかったが、見つけた手掛かりがコレしかないし、とりあえずこの乗り場&時刻表を信じて・・。

クラクフの水上トラム、、、ティニエツ修道院行きは一日一往復運航されていることになっている。

ティエニツまで片道料金は、大人30ズロチ、子供25ズロチ。
往復の時は2倍かかりマス。

水上バス乗り場は何カ所もあるけど、P4 WAWEL(ヴァヴェル城)がホテルから徒歩圏内だし探しやすそう!と、水上トラムP4乗り場を探すことに!

時刻表によると、P4乗り場は10:25にティニエツ修道院行き水上トラムが到着。。。

ヴァヴェル城の裏辺り・・という漠然とした位置しか分からず乗り場を探さないといけないので、1時間前くらいにヴァヴェル城(川沿い)へ向かった


ティエニツ修道院への行き方 水上トラム乗り場1
ヴァヴェル城裏のヴィスワ川沿いを歩きながら乗り場を探した・・・

ティニエツ修道院への行き方 水上トラム乗り場2
で、、、見つけた案内板

ネットで見た乗り場案内図&時刻表と全く同じ

ティニエツ修道院への行き方 水上トラム乗り場3
案内看板のところから下へ階段・・

川沿いにちっこく、バス停の停留所のようなものが見えた。。。

階段を下って確認すると・・
ティニエツ修道院への行き方 水上トラム乗り場4
WAWELの乗り場発見

ティニエツ修道院への行き方 水上トラム12
水上トラム停留所P4・WAWEL乗り場の場所↑

川沿いの黄色ののところ辺りにあったよ。


誰も待っている人いないし、本当にココで待てば水上トラム来るのかなぁ~・・
と心配もあったけど、水上トラムが運航されてなければこの停留所も撤去されているはず・・!と思って、10時10分頃からこの乗り場の下で待った。。


で、時刻表の時間の少し前くらいに、


水上トラムが来たぁ~!


ちなみに、この停留所の辺りに民間のヴィスワ川ボートクルーズが発着していて(ティニエツへは行かない)、たくさんのボートが停泊していたんだけど、水上トラムの見た目は同じボート会社が委託されている??って思うくらい、水上トラムは同じような見た目のボートだった。

また水上トラムは川を走ってきて、乗り場に人が立っていない場合は、乗り場に近寄ることなく(スピードを緩めることもなく)そのまま通過する

水上トラムが来てから乗り場へでいいや~・・と少し離れたたころに立っていると、そのままボートは通過していくので乗る人は停留所看板の下にバッチリと立ってなきゃダメ

我が家が乗った後以降の乗り場では、川沿い真ん中を運行しながら遠くから目視で誰も人が立ってない乗り場は、そのまま乗り場に近寄ることなく、スピードそのままでがんがん通過しましたから



ティニエツ修道院への行き方 水上トラム1
水上トラム出発

ティニエツ修道院への行き方 水上トラム2
景色を眺めながら~

ティニエツ修道院への行き方 水上トラム3
他のヴィスワ川遊覧船ボートをどんどん追い越す!

ティニエツ修道院への行き方 水上トラム5
ヴァヴェル城が遠ざかる・・

風景が素敵


ティニエツ修道院への水上トラム1
水上トラム、、ってか、ティニエツ修道院までは、川沿いをクルーズして楽しむ遊覧船と一緒

ティニエツ修道院への行き方 水上トラム6

ティニエツ修道院への行き方 水上トラム7

ティニエツ修道院への行き方 水上トラム8

素敵な建物も眺めることができる

ティニエツ修道院への行き方 水上トラム9

ティニエツ修道院への行き方 水上トラム10
カヌーしている人も何組も見かけたわ

ティニエツ修道院への行き方 水上トラム11
子供達も景色を楽しんでいたよ

ティニエツ修道院への行き方 水上トラム14
のんびり釣りをしている人も何人か見かけた。

ティニエツ修道院への水上トラム2
カモの家族

ティニエツ修道院への行き方 水上トラム15
カモの行列

ティニエツ修道院への行き方 水上トラム16
名前を知らない水鳥

ティニエツ修道院への行き方 水上トラム17
どこまでも続く緑

そして

青い空


それはそれは素晴らしい景色


気候も良く天気の良い日は本当に最高



さて。。。


ヴィスワ川沿いの豊かな自然を堪能しながらティニエツへ向かっていると・・・


ティニエツ修道院への行き方 水上トラム18
ん?????

ティニエツ修道院への行き方 水上トラム19
なんと! 運河(水門)が現れた

どうりで!!
距離的に、クラクフ中心部からティニエツ修道院へ川路で行くのに、ずいぶん所要時間がかかるなぁ~・・・と不思議だったの

船に乗ったまま水門(運河)を通過する体験って、なかなか出来るコトじゃないから!!

私も初めての体験、嬉しい~

ティニエツ修道院への行き方 水上トラム20
運よくコチラ側の水位となっていたので、そのまま入る~

ティニエツ修道院への行き方 水上トラム21
入ってきた側の門が閉まった。

ティニエツ修道院への行き方 水上トラム22
どんどん水位を上げていき、上流側の水位に合わせていく。

完全に水位が同じになったところで、上流側の門が開きボート出発

ティニエツ修道院への行き方 水上トラム23
水門の出入口に入りやすくするための(?)杭

ティニエツ修道院への行き方 水上トラム24
杭一本につき水鳥が一匹づつ乗っているの!

可愛い

ティニエツ修道院への行き方 水上トラム25
ティニエツ修道院が見えてきた!

無事にティニエツへ到着

ちなみに水上トラムの停留所・・

こんな感じ↓
ティニエツ修道院への行き方 水上トラム26
川から見た、P8 TINIEC乗り場。

ティニエツ修道院への行き方 水上トラム27
陸から見た、水上トラムP8乗り場。


水上トラムでヴァヴェル城からティニエツ修道院へ往復の場合、スケジュール(2017年)はこんな感じ↓

★10:25 ヴァヴェル城乗り場(P4)で乗船
   ↓
★12:15 ティニエツ(P8)到着!

    ↓ (1時間15分 自由時間)

★13:30 ティニエツ出発
   ↓
★15:08 ヴァヴェル城へ到着!


片道1時間50分ほどの乗船時間(予定)となる。
予定所要時間・・というのは、つまりは水門(運河)の通過時間がどうなるかによって異なる!


我が家、往路はタイミング良くすぐに運河が通過できたこともあり、ティニエツに11:40到着だった
予定より35分も早く着いちゃった!
(自由時間が35分増えてラッキーだった)

でも復路・・・
なんと、運河を通過するだけで50分もかかった・・

ただ、
絶対ヴァヴェル城に15時8分に戻れないわ~って思っていたけど、水上トラムはスピード上げてどんどん進む!

到着時間は予定通り
水門通過に時間がかかった場合は、スピード調節して出来るだけ時間に遅れないようにしているみたいだった。


往路は初めての水門の通過体験
ってことで、興味津々でとても楽しめたけど、復路は2度目だし目新しくもない。。

50分水門で足止め食らって、相当暇で大変だったんだとか・・。
・・って、↑聞いた話になってるのは、ちょうど私・・水門に到着した辺りで睡魔が襲ってきて爆睡

50分後ようやくボートが水門を出られることになった時にかけられたエンジン音で目を覚ました。
あはは。

水門で時間がかかった時に時間が潰せるように、本とか持ってた方が良いかもデス。


まぁ~普通に考えると、やはり下流から上流へ水門を通過する方が時間がかからないと思う。
(水門内の水位を上げるのは川の水を入れるだけだから比較的楽だけど、水位を下げるのは徐々にだし大変なのかなぁ~と思う)


もちろんティニエツ行き水上バスは、往復利用ではなく片道利用もできる。
片道だけ利用して、水上バスでヴィスワ川の遊覧クルーズも楽しみたい!って方は、往路のみ利用がおそらくオススメ。


また
この日は歩くと汗がだらだら出る暑さだったけど、川風にあたりながらのボートはとても涼しく快適だった。
↑逆に言えば、暑い日以外は乗船中に寒くなるかも。

風にずっとあたるのはかなり身体を冷やすと思うので、ちょうどよい服装+もう一枚羽織るものが必要だと思う。

寒さに震えながらでは、せっかくの素敵な風景も楽しむ余裕がなくなると思うし・・。


トイレも船にはないので、きちんと乗る前に済ませておく必要があるよ。
1時間半ぐらいはトイレに行けないので~。



===


こんな感じで、ティニエツ修道院への行き方(水上トラム編)を書いてみたけど、、
この水上トラムの運行は、いつまで続くものかが分からないデス。。

水上トラムの運行は数年前からとまだ浅いこともあり、どうやら軌道にのってないらしいし。。

っていうか、観光客に周知されてなさすぎ・・

バリバリ夏休み中の7月末の時期に、我が家が水上トラムに乗った日は、、

往路は、我が家を含めてたったの2組のみ

復路は、、我が家だけの1組のみ

そう、、、帰りの水上トラムはなんと!貸し切り!!


うーん、、、
こんなに利用者少なくて大丈夫なのかなぁ~・・と思って。
数年後に運行は無くなっているかもしれないナ。

我が家が利用したのは平日だったけど、週末とかはもっと利用者がいるのであろうか??
観光客に平日も土日もあまり関係ない気もするけど。。。


というわけで、帰りの水上トラムの乗客は家族4人のみ。。。

ティニエツ修道院
水上からティニエツ修道院を眺める


特別な景色よね



帰りの水上トラムのサービス♪

水上トラムの乗り場は修道院ちょい手前なんだけど、帰りの船でもうちょっと先へ船を進めてくれて、ティニエツ修道院をバッチリ見える写真スポットまで遠回りしてくれたの


ティニエツ修道院 帰り
先頭の特等席に座る子供たち♪

往路は、我が家がヴァヴェル城で乗る時に既に他の乗り場から乗り込んでいたカップルがいた。
この先客に特等席は座られてしまってたんで、この席には座れなかったんだよね。

復路は好き放題、好きな席に座れた



この日を振り返ってみれば、
ティニエツ修道院がメイン観光スポットではなく、完全に水上トラムでのリバークルーズが一番印象に残ったメインの観光であった
と思うほど、のんびりした自然や景色を眺めながらのヴィスワ川クルーズが楽しかった

貴重な水門通過体験もできましたし!?


ティニエツ修道院へ行く水上トラムの運行が途中でなくなっちゃうかもだけど、、、


もちろん、お天気のイマイチの日&肌寒い日には勧めませんが・・、



とにかくお天気の良い、暑い日には最高にオススメ





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

すとろべりーふらわー

Author:すとろべりーふらわー
*****

小学生&幼稚園の女の子2人のママ。

趣味はクリスマス♪♪

2009年1月から旦那さんの転勤により4年間オランダで生活し、2013年2月に日本へ本帰国しました。

現在は日本で、子供の学校、習い事など育児中心の生活。
ちびっとだけ仕事もして、お小遣い稼ぎもしています。


オランダ生活の日記を終えた後、
今は日本から出かけたヨーロッパ旅行記や、日本で見つけたヨーロッパネタ、たまに普通の生活日記を織り交ぜてのんびりペースで更新してます。

ヨーロッパ以外の旅行については、カテゴリー「独り言」にてチョコっと触れる程度で、詳細については書かない予定デス。。。


貧乏性なので、高級レストランの情報などについてはゼロ(笑)
お金のある方にとって、役立つ情報はおそらくないかも。

でも
こんなグダグダ日記でも、どこかの誰かのお役に立つことがあったならば、嬉しいです。



*2017年夏休み・ポーランド旅行の日記は、時間のある時にぼちぼち過去日付で書きはじめたところ。。。

現在、クラクフ編を書いてマス~☆

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ(折りたたみ)
最新コメント
検索フォーム
リンク
FC2カウンター