Gent(ゲント)

朝起きたら、良い天気
最近ひきこもり気味で、どこにもお出かけしてない・・・。
この日もノープランだったけど、気分転換に少し遠くに出かけよう!と思い立ち、出かけることになった。

そして、、、やって来たのはベルギーのゲント。

いきなり決めたので、何の下調べもなしですが・・・。

1103271.jpg
聖バーフ大聖堂

1103272.jpg
鐘楼

カリヨンは45個の鐘により組み立てられている。
14世紀からある鐘楼は世界遺産に指定されていて、エレベーターで上って街を一望することができる。

とりあえず、、、

我が家は地球の○き方を片手に、読みながらウロウロと歩きまわった。
とりあえず聖バーフ大聖堂で、フランドル絵画の傑作「神秘の仔羊」を観ようと中に入った

古い教会堂の跡地に建てられた大聖堂。
大聖堂建設中、未完成の時に神聖ローマ帝国カール5世がここで洗礼を受けたんだとか。
ハプスブルク家絶頂期のカール5世がゲント生まれだったなんて!

ちなみに建物外側のステンドグラスは、カール5世に資金によりつくられたもの。

11032713.jpg
「神秘の仔羊」(上の写真はポストカード)

ファン・アイク兄弟作の祭壇画。
フランドル絵画の最高傑作ってことだけど、確かに精密で色鮮やかな絵画であった。

絵画は別室に展示されていて、カメラは禁止
震災直後だというのに、日本人の団体旅行者も普通に大勢見学していた。

この日も、街歩き中に数組の日本人ツアー客に遭遇。
観光を存分に楽しんでいるように見えた。

皆さん、元気デスネ。。。

震災&原発の事をモンモンと考えている私のようなネクラちゃんばかりでないことは、良い事だ。。。



大聖堂を出た後、レイエ川沿いを歩いた。

1103273.jpg
コーンレイ(小麦河岸)

20世紀になってから、当時の街並みをデッサンをもとにして復旧した17世紀のとても美しい街並み

1103274.jpg
グラスレイ(香草河岸)

天気が良いこともあり、川沿いにはお散歩する人、日向ぼっこする人、お茶する人など・・・たくさんの人が思い思いに過ごしていた

レイエ川にはたくさんのボートが行き交っていて、私達も運河クルーズ(ボート巡り)を楽しむことに。

1103275.jpg
レイエ川クルーズ、スタート!

1103276.jpg
フランドル伯爵城

塔の主塔へ行くと、素晴らしいパノラマで街の中心地や郊外が見渡せるのだとか!

1103277.jpg
しだれた木もいい感じ

1103278.jpg

初めて見る風景は新鮮

やっぱり、運河クルーズは良いね~。


ボートを下りて、石畳の道を歩いた。

1103279.jpg
おっ、パン屋さん!

11032710.jpg
おいしそぉー。

雰囲気につられ、翌朝の朝食用にいくつかゲットした。




そして、夜ご飯も食べて帰ることに。
11032711.jpg
前菜・ムール貝のにんにくバターソース。

ウン、思った通りのお味。

11032712.jpg
ゲント風ワーテルゾーイ。

おいしい!

ゲントの名物料理。
日本のクリームシチューに似た味と地球の○き方に載っていたが、クリームシチューよりもっとあっさりしていて、シチューというよりポタージュって感じ。


お腹も膨れたところで、家路に~




この日から夏時間になったこともあって、帰り道はまだまだ明るい
これからどんどん陽がのびていって、気分も上向きになるといいな。




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

すとろべりーふらわー

Author:すとろべりーふらわー
*****

小学生&幼稚園の女の子2人のママ。

趣味はクリスマス♪♪

2009年1月から旦那さんの転勤により4年間オランダで生活し、2013年2月に日本へ本帰国しました。

現在は日本で、子供の学校、習い事など育児中心の生活。
ちびっとだけ仕事もして、お小遣い稼ぎもしています。


オランダ生活の日記を終えた後、
今は日本から出かけたヨーロッパ旅行記や、日本で見つけたヨーロッパネタ、たまに普通の生活日記を織り交ぜてのんびりペースで更新してます。

ヨーロッパ以外の旅行については、カテゴリー「独り言」にてチョコっと触れる程度で、詳細については書かない予定デス。。。


貧乏性なので、高級レストランの情報などについてはゼロ(笑)
お金のある方にとって、役立つ情報はおそらくないかも。

でも
こんなグダグダ日記でも、どこかの誰かのお役に立つことがあったならば、嬉しいです。



*2017年夏休み・ポーランド旅行の日記は、時間のある時にぼちぼち過去日付で書きはじめたところ。。。

現在、クラクフ編を書いてマス~☆

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ(折りたたみ)
最新コメント
検索フォーム
リンク
FC2カウンター