華麗なるネギ坊主☆血の上の救世主教会

サンクトペテルブルクで!いやロシアで!
是非訪れてそのお姿を拝みたい!!と思っていたのが、「血の上の救世主教会(スパース・ナ・クラヴィー大聖堂)

カラフルなタマネギ型の屋根を持つ古代ロシア風の教会だ。

スパース・ナ・クラヴィー大聖堂は、皇帝アレクサンドル2世が暗殺された場所に建てられたことから「血の上の救世主教会」とも呼ばれている。

その特徴的な外観が素晴らしく可愛いすぎて
一目見たいと願っていた楽しみにしていた大聖堂デス。


血の上の救世主教会(スパース・ナ・クラヴィー大聖堂)1
いっちゃんも一番楽しみにしていた場所!

大聖堂へ続く運河沿いの道には、ずらずらずら~っとお土産屋さんの屋台が並んでいた。
かなり充実したお土産が手に入るし、街中のお土産屋さんよりも安かった印象。

血の上の救世主教会(スパース・ナ・クラヴィー大聖堂)2
血の上の救世主教会(スパース・ナ・クラヴィー大聖堂)

名前のおどろおどろしさとは真逆で、なんとも可愛らしいお菓子の国のお家みたい

血の上の救世主教会(スパース・ナ・クラヴィー大聖堂)3
カラフルなネギ坊主の可愛いことっ!!

血の上の救世主教会(スパース・ナ・クラヴィー大聖堂)4
光沢レンガや色彩タイルなど、建築材料は希少で高価なものばかりでつくられている。

スパース・ナ・クラヴィー大聖堂周りでたくさんの記念写真を撮りまくり、満足し内部へ~

血の上の救世主教会(スパース・ナ・クラヴィー大聖堂)5
おぉぉ・・・すごい・・・

上も下も横も、、、壁という壁が旧約聖書や福音書を題材にした鮮やかなモザイク画で埋め尽くされていた

この教会は、外壁に1050平米・内部装飾に6000平米のモザイク画があり、世界でも他に例がないくらいのモザイク画で埋め尽くされているんだって。

血の上の救世主教会(スパース・ナ・クラヴィー大聖堂)6
見飽きないよ~

血の上の救世主教会(スパース・ナ・クラヴィー大聖堂)7
主祭壇

血の上の救世主教会(スパース・ナ・クラヴィー大聖堂)8
祭壇の中央トビラが素晴らしく豪華だった


大変豪華で見応えのある内部だったが、実は我が家がサンクトペテルブルク滞在中に入場観光した3カ所の大聖堂の中では、見た感じの印象では一番豪華さは少なかったと思った教会がココ。

あっ、もちろん豪華ですよ
でも、このレベルで豪華ではないとなってしまうくらい、他の2カ所の大聖堂がすごかった・・って話で。

で、スパース・ナ・クラヴィー大聖堂、
他の大聖堂に比べて、団体ツアーの観光客でかなり混雑していた。


理由が分かる~☆

古代ロシア風のネギ坊主を持つ外観は、間違いなく素晴らしいしロシアっぽさ満点

そしてこの大聖堂は内部が広くないので、見学時間も少なくて済む。
駆け足で回っている団体ツアーには都合が良いと思われマス。



混雑度はすごかったけど、、

私もいっちゃんも、念願のネギ坊主様に会えて、満足よ~



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

すとろべりーふらわー

Author:すとろべりーふらわー
*****

小学生&幼稚園の女の子2人のママ。

趣味はクリスマス♪♪

2009年1月から旦那さんの転勤により4年間オランダで生活し、2013年2月に日本へ本帰国しました。

現在は日本で、子供の学校、習い事など育児中心の生活。
ちびっとだけ仕事もして、お小遣い稼ぎもしています。


オランダ生活の日記を終えた後、
今は日本から出かけたヨーロッパ旅行記や、日本で見つけたヨーロッパネタ、たまに普通の生活日記を織り交ぜてのんびりペースで更新してます。

ヨーロッパ以外の旅行については、カテゴリー「独り言」にてチョコっと触れる程度で、詳細については書かない予定デス。。。


貧乏性なので、高級レストランの情報などについてはゼロ(笑)
お金のある方にとって、役立つ情報はおそらくないかも。

でも
こんなグダグダ日記でも、どこかの誰かのお役に立つことがあったならば、嬉しいです。



*2017年夏休み・ポーランド旅行の日記は、時間のある時にぼちぼち過去日付で書きいていマス。。。

現在は、番外編のオランダ・ホールン編です☆

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ(折りたたみ)
最新コメント
検索フォーム
リンク
FC2カウンター