リガの素敵なカフェ☆Black Magic Bar(ブラック・マジック)☆

リガの旧市街地内にある、素敵な人気カフェ(&バー)「Black Magic Bar(ブラック・マジック)」

街歩きの合間に立ち寄ったよ~☆

ブラック・マジックは、ラトビア名産品「ブラック・バルザム」関連の商品を扱うショップも兼ねている。
とっても素敵なお店だったんで、購入したお土産品とともに紹介しちゃいマス♪


ちなみにブラック・バルサム (BLACK BALSAM)とは、、、

ラトビアの代表する名産品、ラトビアのお酒と言ったらコレ!!

18世紀のレシピそのままで、ハーブの葉や花など24種類を原料とした薬草種
オーク材の筒でゆっくり寝かせた後、別の容器に移してゆーっくり土の中で熟成させるのだとか。

書籍「リガ案内」に載っていた逸話だと、、、
ロシア女帝エカチェリーナ2世がリガを訪れた際、具合が悪くなったが、魔法の飲み物「ブラック・バルサム (BLACK BALSAM)」を1杯飲んだら、みるみる元気が回復した。

↑このことから、風邪の予防に今でもリガっ子達は寒くなるとブラックバルザムを飲んで、体を温めるんだって


Black Magic Bar(ブラック・マジック・バー)1
Black Magic Bar(ブラック・マジック)

店構えから、かなりいい感じ

店内は、、、
Black Magic Bar(ブラック・マジック・バー)2
ラトビア名酒・ブラック・バルザムが並ぶディズプレイ

なんでも中世の薬局風?のイメージで作られているんだとか!

Black Magic Bar(ブラック・マジック・バー)3
ブラックバルザムだけでなく、チョコレートなどお菓子系商品もたくさんあり。

Black Magic Bar(ブラック・マジック・バー)4
お店の奥にはカフェスペースがっ!

雰囲気のあるカフェスペースはかなりいい感じで、ちらっと見た感じ満席ぽかった。
ラトビア名産ブラック・バルサム (BLACK BALSAM) を使った飲み物やケーキ(?)など楽しめるってことなんだけど・・。

我が家はチビ連れなんで、リキュール入り商品がメインのカフェには残念ながら入らず・・。
諦めてお土産をいろいろ買って帰ることに



Riga Black Balsam(リガ ブラック・バルサム)1
じゃーん!!

・お土産用ブラック・バルサム (BLACK BALSAM) のミニボトルセット!
・お土産用チョコレートを使ったお菓子♪

Riga Black Balsam(リガ ブラック・バルサム)2
バラ売りしていたチョコレート4つ

1個づつ個別に包装してくれたけど、包装の紙がうすっぺらでできているので(要するに箱みたいな感じではない)、日本に持って帰るのはぐちゃぐちゃになってしまうから厳しいと思う。

我が家も滞在中のおやつで頂いたよ

Riga Black Balsam(リガ ブラック・バルサム)3
ブラック・バルサム (BLACK BALSAM)

正式には、リガ・ブラック・バルサム(RIGA BLACK BALSAM)らしい。
ラトビア土産だけど、リガを代表するお土産だよね。

ちなみに、
ブラック・バルザム自体はお土産屋さんやスーパーで(もちろん空港でも)どこでも取り扱っているので、「Black Magic Bar(ブラック・マジック)」 に来ないと手に入らない品物ではないよ!

ブラックバルサムはコーヒーに入れたり、カクテルにしても美味しいとのことだから、
冬になったら、ラトヴィア版の養命酒をかぜ予防に飲むのが楽しみ



人気カフェ(&バー)「Black Magic Bar(ブラック・マジック)」 は、カフェを楽しまずともお土産を買えるし、雰囲気だけでも楽しめるのでオススメ☆






Black Magic Bar(ブラック・マジック)

住所 : Kaļķu iela 10, Centra rajons, Rīga, LV-1050
営業時間: 10時オープン!最後の客さんが帰ったら閉店!


===

おまけ

Riga Black Balsam(リガ ブラック・バルサム)4
食べかけ映像ですまん~

購入したチョコレート、街歩き途中でおやつに食べたよ
苺のトリュフっぽいチョコレート、オイシイ

ブラック・バルサムのリキュールが入っていて、お酒の味がするのかな???
って思っていたけど、購入した4つともお酒の味はしなかった。少しは入っていたのかな??



リガ~ビリニュス間のバス移動&トラブル編

リガ(ラトビア)からヴィリニュス(リトアニア)への移動で利用したバス&バス大幅遅延トラブル!!!そして、バスの車窓からの景色について。


リガとビリニュス間は、バルト三国はバス網がとっても発達しているということでバスで移動することにした我が家。
利用することにしたのは、ネット上でも評判の良かったLux Express(リュクスエクスプレス)のバス。

ネットで事前に乗車券を購入
Lux Express(リュクスエクスプレス)のバス料金は便によって値段が異なっていて、売れ行き具合によって変わるみたい?

リガ→ビリニュスは16ユーロ、ビリニュス→リガは14ユーロの価格で購入。
子供料金は大人の半額だったよ

前後の便がキャンペーン価格となっていて、なんと!たったの5ユーロぽっきり!!
でもタイトなスケジュールで行動していた我が家は、どうしても前後の5ユーロの便に移すことが難しくって・・・そのまま料金の安くなっていない便を選び乗ることに。
旅行スケジュールに余裕のある人は、便を選んで安くバスに乗ることが可能だよ♪

さて。

リガ→ヴィリニュスへは、朝7時リガ発~10時55分ビリニュス着のバス。
ヴィリニュスへは午前中に到着し、到着後すぐから思いっきり観光するつもりだったんだけど、、、


トラブルがぁ・・・



そう。
出発時刻の7時になっても指定のプラットホームにLux Express(リュクスエクスプレス)のバスが来なかったの

プラットホームには電光掲示板があるんだけど、この電光掲示板は実際の運行状況と連動しておらず、時刻すぎたら出発したこととなって我が家の乗る便は画面から消えてるし・・

電光掲示板から表示は消え、館内放送などで遅延の放送が流れるわけでもない、ただただバスが来なくって一体どうなってしまっているか全くわからない状態。。。

どうなっているの


状況が全然わからないけど、同じようにどうなっているんだ??と周りを見渡しウロウロする人達がいて・・。
同じバスに乗る予定だったと思われる人達が何人もいたからパニックになることはなかったけど、どうなっているかの状況が全く分からなくってどうしようって感じ

結局、、、
何の状況もつかめないまま20分経過・・。

7時20分頃、Lux express(リュクスエクスプレス) の係りの人がターミナルへやってきた。
(来るの遅すぎ

で、
バスが遅延で7時45分出発変更となり、ターミナルも別の場所に変更になる旨の説明があり。

45分も遅れるなんて・・・。ショック・・・。


そしてようやく!出発時間の7時45分となったんだけど!?


・・・・・。


バスはまたしても来なかった・・


どうなってるんだ~



呆然と待ち続け、7時55分頃バスがようやく到着・・。
当然乗車手続きがあるし、荷物も入れたりしますからすぐには出発せず。

リガを出発できたのは8時過ぎであった・・


当初の予定時刻より1時間以上遅れて出発・・・。
次の便とあまり発車時間が変わらない・・。早く出発したかったから高いお値段の乗車券を買ったのに


はぁ~・・・。


lux express(リュクスエクスプレス) riga vilnius 1
ちなみに乗ったのは、このバス。

遅延トラブルがあったものの、バス自体は座席も空間も広く、清潔で快適な乗り心地でよいバスだと感じた。

lux express(リュクスエクスプレス) riga vilnius 2
なんか座席にモニターが付いていたけど・・

lux express(リュクスエクスプレス) riga vilnius 3
どこを走っているのか分かる地図をちょこちょこ見てたよ。

リガ~ビリニュスのバス移動1
窓の外の景色を眺めながら~

リガ~ビリニュスのバス移動2
ラトビアの貧しすぎる集合住宅たち・・

リガの中心地を抜けると、ラトビアの生活レベルの貧しさが垣間見えた気がした・・。
日本だったらまず絶対住んでいないレベルの老朽化激しい集合住宅がたくさん目につき、そんな住宅で当たり前に生活しているラトビアの人たち。。。

なんだか切なくなる光景だった。。。

===

高速(国道?)をぐんぐん走り、ラトビアからリトアニアへ入国☆

リトアニアに入ると、よく見るヨーロッパの景色・・
リガ~ビリニュスのバス移動3
ぐるぐる巻きがたくさん並んでいたり!


リガ~ビリニュスのバス移動4
眩しい緑の景色が続いた

リガ~ビリニュスのバス移動5
沿道脇の草地には、雑草の花々がちょこちょこ咲いていた

リガ~ビリニュスのバス移動6
白に黄色にピンクに薄紫

ちょこちょこと咲く雑草の花々に癒されながらのバス移動
リトアニアには妖精がいるっていうけど、本当に妖精がどこかから出てきそう

リトアニアって素敵な国だなぁ~って感じたよ

ヴィリニュスに近づくと、
リガ~ビリニュスのバス移動7
リトアニアでも集合住宅が目につき始めた。

ラトビアよりリトアニアの方が発展が遅れて経済的には貧しいはずだけど、リトアニアの住宅はラトビアに比べると全体的にとてもキレイで新しいものが多かった。


こんな感じで!?バスからの車窓風景を楽しみながら、リガ(ラトビア)からヴィリニュス(リトアニア)へ移動したよ。


バスの遅延はLux Express(リュクスエクスプレス)だけでなく、他のバス会社でも起こることだと思うけど、やはり勝手がわからない海外でタイトな旅行スケジュールで行動していると、こういうトラブルはほんと困っちゃう。

いやー・・遅れたとしても、状況が全く分からない状態がいつまでも続くって、日本じゃありえないからね~



リガの早朝バスターミナルとレストラン(食事)事情

ラトビア首都リガ(リーガ)からリトアニア首都ビリニュスまで、我が家は国際バスで移動。
早朝のバスターミナルの様子とレストランやカフェなど食事ができる場所について、ちょこっと記録。

リガの中央駅(電車)からも近く、中央市場の目の前にあるバスターミナルから、リトアニア・ヴィリニュス行きのバスへ乗車!
(国際バス乗車時に遭遇したトラブルについては別日記でキッチリ愚痴ることにして・・!?)

リガのバスターミナル、なかなか立派だった。

我が家は朝7時リガ発のバスだったので、早朝6時台にバスターミナルをウロウロ。。。

ビリニュス到着までお腹が減りすぎては困るので、一応前日にスーパーでバス車中でも食べられる?臭い少なめなシンプルなパンとお菓子をつまめるように買っていたけど、できればバスターミナルで朝食を何か食べられればなぁ~・・って思っていたの。

シンプルなパン買ったならそれ食べろ!って感じかもだけど、最悪早朝だしバスターミナルに何もなかったらスーパーのパンを食べるけど、やっぱり食事っぽいもの(温かいもの)食べたくって。

リガのバスターミナル1
リガのバスターミナル外観

リガのバスターミナル2
中に入ると・・けっこう広い!

リガのバスターミナル3
電光掲示板もあるよ。

ヴィリニュスはラトビア語でVilnaらしい。

リガのバスターミナル4
プラットホームは番号順にずら~っと並んでいたよ。

さて、朝食について
リガのバスターミナル5
バスターミナルの2階がレストラン&バーとなっていたけど、オープン時間が8時・・。

他にもコーヒーと軽食がつまめるカフェ系が何軒かあったけど、早朝はどこも開いておらず・・(涙)


リガのバスターミナル6
バスターミナル内(屋外)のプラットホームエリアにあったキオスクは6時台でオープンしていた。

が!
リガのバスターミナル7
売られていたのは・・・

食事系では不味そうな冷たいサンドイッチ系のみ。。。

いやー・・・
私は全くグルメではないけれど、海外のサンドイッチって不味くてほとんど完食できないんだよね。
子供たちは絶対残すわ!って味だよね~。

使われているパンも美味しくないし、バター(マーガリン?)も口に合わない。

コレ買うなら、前日買っておいたシンプルなパンでいいやー・・って感じ。

リガのバスターミナル8
ちなみに自動販売機でも不味そうなサンドイッチは買えるようになっていた。

リガのバスターミナル9
で、、、バスターミナルに入る手前にもキオスクがあって早朝でもオープンしていたので、戻ってみることに・・。
(6時30分オープンだったかな?)

リガのバスターミナル10
ホットドックが手に入った

バスターミナル入る前にあるキオスクでは、ホットドックやホットサンドなどの温かいファストフードが売られていたよ

ホットドックはどの国で食べても普通にオイシク食べれるものだからね。
温かいのがやっぱり嬉しかった


ということで、早朝のリガバスターミナルのお食事(朝食)のお話しデシタ。



===

続いて、、、
リガ→ビリニュス間に乗車した時に遭遇したバストラブルについて、書くよ・・。




リガの1日観光(旧市街地は半日観光)♪

終日リガ観光について。

この日、
午前中は新市街地にあるユーゲントシュティール建築群へ!

お昼過ぎに戻ってきて、

午後はリガ旧市街地を観光♪

リガの旧市街地は狭いので、旧市街地のみの観光でよければ半日観光で駆け足でよければ十分観光できたよ

まずは午前中編♪
リガ観光11
ユーゲントシュティール建築群

新市街地にあるので、わざわざ行くのにちょっと手間。
でも、リガ世界遺産の一部に含まれているわけだし、、せっかくなんで足を延ばした☆

帰り道はいろいろハプニングもあり!?
で、旧市街地に戻ってきたのはお昼過ぎ・・・


午後は半日、リガ旧市街地観光であった。

リガ観光1
まずは、市庁舎広場&ブラックヘッド会館!

左側奥に見える塔を持つ建物は、「聖ペテロ教会」
塔の上の展望台にも上り、リガの絶景を上から堪能♪

リガ観光2
リガ大聖堂
(内部見学もしたよ!別日記にて詳細あり)

リガ観光3
聖ヨハネ教会

リガ観光4
網目模様が印象的な天井

この網目模様がリガの(ラトビアの)スタイルなのかな??
他の教会も、聖ヨハネ教会ほどではないけど、白地にレンガ色の線模様な感じだった。

リガ観光5
旧市街地内はキレイな街並みでヨーロッパな感じ。

パステルカラーの建物が多かったデス

猫の家などを眺めながら街歩き♪
リガ観光6
火薬塔(ラトビア戦争博物館)

からまるツタの緑がキレイだった

リガ観光7
今はほんの一部しか残っていない、リガの城壁。。。

昔の面影をかろうじて偲べる城壁ってことだけど、これも補修されていてけっこう新しめな印象。。。

リガ観光8
城壁裏側は静かな通りだった・・。
怪しい黒い像がコワイ・・不気味・・

ちなみに表側には夏限定!?スタンドのお土産屋さんが立ち並んでいて、観光客で賑わっていたよ。

リガ観光9
三人兄弟!

リガの典型的な建物。
開いてない時間に訪れたので、中には入れず・・(涙)

三人兄弟、実物は写真で見るよりだいぶ可愛らしくて素敵な印象だった


旧市街地は街並みがステキなだけではなく、緑もあっていい感じ♪
リガ観光10
旧市街地と新市街地の境には運河が流れていた

今は旧市街地を取り囲む城壁がほとんどなくなってしまっているので、運河が2つの地域を隔てている感じなんだよね。

そして運河沿いは公園のようになっていて、気候も良いこの時期は多くの観光客がのんびりお散歩を楽しんでいた




ちなみに、、、

1日まるまる終日リガ観光する時間が取れるならば、旧市街地をゆ~っくりのんびりお買い物でもしながら1日観光するか、
半日旧市街地観光+旧市街地以外の場所を一カ所ぐらい追加って感じカナ~。
(我が家は↑通り、半日旧市街地+ユーゲントシュティール建築群だった)

うちはリガは3泊して丸々2日ほどリガ観光に充てる時間があったので、旧市街地を2周ぐらいしたし(笑)、新市街地もユーゲントシュティール建築群だけでなく、東ヨーロッパで最大の広さというリガの中央市場も2回ほど遊びに行ったり(笑)、ロシア正教会へ行ったり、
旧ソビエト時代の建築物である「科学アカデミー」の展望台へも遊びに行けた。

買い物もたくさんしたし(笑)

遊覧船などは乗っていないけど、子供がいて夜も遅くまでで歩けない我が家でも観光について言えばかなり時間的余裕があったので、リガの街を観光する時間が半日ぐらいしかない!!って方もそれで楽しめると思う






続きを読む

美味しいリガのレストラン「Melna Bite」

リガのレストランでお食事編・第3弾!
美味しくって、素敵だったリガのレストラン「Melna Bite」について~☆

さて。

リガで最後のお食事
宿泊していたホテルの近くで、美味しいレストランないのかな??
と探していて目についた「Melna Bite」

トリップアドバイザーでも評判よかったし、他のネットサイトでも評価がすごく高いし。
ホテルからも近かったので入ることに

Melna Bite(リガ)2
Melna Bite

オープンエアでお食事もできるけど、我が家は室内へ~

Melna Bite(リガ)1
お子様メニューが残念ながらなかったんだけど、入店した時刻(17時)は小さい子供連れが4組ほど・・と室内は子供連れの家族のみだったので、子連れでも入りやすいレストランだよ!

Melna Bite(リガ)3
明るくって開放的な店内

間口は広くないけど、店内に入ると広かった

Melna Bite(リガ)4
早速ビールを注文♪

Melna Bite(リガ)5
Melna Biteのオリジナル地ビールも何種類かおいてあるよ!

Melna Bite(リガ)6
パン

Melna Bite(リガ)7
Platter for traditional Latvian beer 18ユーロ 

一応おつまみプレートを注文♪
自家製ポテトチップス、ラトビアチーズ、黒パンのガーリックブレッド、豆、サーディンフライ

おつまみプレートでこの値段は高いな・・
と思っていたけど、子供達も一緒に楽しめたしかなりボリュームがあったので、良かったナ。

Melna Bite(リガ)8
Potato pancakes with homemade sour cream
10.80ユーロ(with cold smoked salmon)

さわちゃん用に注文したポテトパンケーキ!

スターターに載っていた品なので量が少ないはず・・と予想していたけど、かなり量があって(7枚くらい)、既にパン食べたりおつまみプレートもつまんでいた子供は、半分ぐらいしか食べれなかった。

Melna Bite(リガ)9
Ukrainian traditional borsch with smoked pork ribs
8.90ユーロ

いっちゃん用に注文したボルシチ
パンやおつまみプレートをつまんでいたので、いっちゃんもスープだけで十分!

というか、添えられているお肉が普通に塊リブでびっくり!
正直子供ではなくても女性でも、このボルシチとパンと添えられたリブ肉のみで小食の人はOKだと思う。

Melna Bite(リガ)10
旦那さんの注文したお肉

かなり美味しい

Melna Bite(リガ)12
私はチキン 12ユーロぐらい?

見た目は少ない??って思ったけど、しっかりしたお肉で十分なボリューム。
お野菜もたっぷりで嬉しかった


どのお料理もとっても美味しくって、お腹いっぱい
満足満足


このレストラン、お料理のお値段的には安くないけど(特に我が家がすでにリガで利用した2軒のレストランは激安だったので・・)、まぁ~普通にヨーロッパの普通のレストラン価格ってところかな?

ただお酒のお値段が高めだったので、たくさんお酒を飲みたい方はアルコールが安いレストランの方がいいかも。


美味しくって雰囲気も素敵だったんで、リガ旧市街地内でレストランを迷っている方は、是非!





「Melna Bite」
Audēju iela 13, Rīga, LV-1010
12時~24時



プロフィール

すとろべりーふらわー

Author:すとろべりーふらわー
*****

女の子2人のママ。
フツーの主婦。

趣味はクリスマス♪♪

2009年1月から旦那さんの転勤により4年間オランダで生活し、2013年2月に日本へ本帰国しました。

現在は日本で、Y浜市在住。

好きなこと考えて生きてマス。
楽しんだもん勝ち。

あっちゅう間よ人生は
時間がないじゃない・・・


オランダ生活の日記を終えた後、
今は日本から出かけたヨーロッパ旅行記や、日本で見つけたヨーロッパネタ、たまに普通の生活日記を織り交ぜてのんびりペースで更新してます。

ヨーロッパ以外の旅行については、カテゴリー「独り言」にてチョコっと触れる程度で、詳細については書かない予定デス。。。


貧乏性なので、高級レストランの情報などについてはゼロ(笑)
お金のある方にとって、役立つ情報はおそらくないかも。

でも
こんなグダグダ日記でも、どこかの誰かのお役に立つことがあったならば、嬉しいです。



*2018年夏休み・ミュンヘン旅行の日記をぼちぼち書き始めてマス。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ(折りたたみ)
最新コメント
検索フォーム
リンク
FC2カウンター